本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

山崎

安心・安全で当たり前、というインフラに関わるシステムをお客様と一緒につくり上げ人々の生活に役立っているのを見た時には、強い責任感を感じます

入社動機

以下の二つの理由から日立製作所を志望しました。

インフラを支えている会社であること
世界のインフラを創造し、その事業に携わるという躍動感と責任感が、私の仕事に対するモチベーションを長期的に高く維持し続けられると感じました。

文系学部出身でも、ものづくりができること
学生時代、多くの仲間とともに何かをつくり上げることに面白さや達成感を強く感じていた私は、お客様とじっくり話し合いながら、お客様の求めるものを、お客様と一緒につくり上げる仕事に魅力を感じました。

あとは、選考時、私という人間を評価してくれていることを強く感じられたのも、大きな決め手でした。

仕事内容

自治体さま向けにITを駆使したシステムやソリューションを提供しています。お客様の業務を効率化したり、お客様の先にいる一般市民の方々に新たな価値を提供したりできるよう、日々活動しております。

営業の仕事は想像以上に多岐にわたります。お見積書やご請求書などの事務的な仕事はもちろんですが、ヘルメットを被って夜通し工事の現場に立ち会うこともありました。案件によっても仕事内容はさまざまで、数年がかりの案件では週1のペースでお客様とシステムの中身について綿密な打合せを行ったり、新たな機器がいつまでにどのような状態で何台必要なのかを工場の方と調整したり、係わる部署や人も多くなります。

仕事の面白さ・醍醐味について

お客様とメーカーという枠を超えて、システムに携わる人全員が一つになって一緒にものづくりができること、このことこそが私の仕事の最も面白いところだと思っています。また、“止めてはいけない、壊れてはいけない。いつも正常に動いていて当たり前、安心・安全で当たり前。”というインフラに関わるシステムをお客様と一緒につくり上げ、それを実社会の中で動かし、人々の生活に役立っているのを見たり、感じたりした時は強い責任感を感じます。

仕事で苦労する点について

お客様の立場になって物事を考えるということがこんなにも難しいことなのかと日々痛感しています。

仕事に必死になると、つい自分の考えばかりが先走ったり、社内の事情にとらわれてしまったりして、客観的な視点を失ってしまいそうになります。また、直に接しているお客様は一個人かもしれませんが、大きな組織の一員でもあるということ念頭に置き、お客様の立場や環境を理解しながら接することが必要だとも感じています。がむしゃらに突っ走るのも大事ですが、いつもどこかで余裕を忘れず、お客様の声を感じ取ることができるようになりたいと思っています。

印象に残っている仕事やエピソード

お客様の事情で、ある案件のネットワーク工事を予定より短い期間で行わなければならないという場面がありました。工事責任者の方に事情を話すと、無理だと厳しく断られました。しかし、お客様の状況を社内で一番理解しているのは営業であり、ご要望に応えたいという強い思いがあったため、あきらめずに交渉を続けました。工期を少しでも短縮できるような対応案があれば、すぐにそれが実施できるようお客様と調整したり、この件について社内外問わずスムーズに話ができるよう、工事についての理解を深めたりしました。すると、少しずつ気持ちが伝わったのか、工事責任者の方も真剣に向き合って下さるようになり、部材の手配や作業員の確保、作業スケジュールを再検討し、何とかお客様のご要望に応えられる工夫をして下さいました。最終的に社内一丸となってお客様のためにベストを尽くし、お客様のご要望の納期に間に合った時は、ホッとすると同時に大きな喜びを感じました。

今後の目標

自分の仕事の面白さを語れるような人間になることです。内定者時代にまさにそのような先輩社員にお会いし、とても魅力を感じました。

私もその理想に少しでも近づくために、自分らしさを見つけること・仲間を増やすこと・たくさん壁にぶちあたること・欲張り続けること・感謝の気持ちを忘れないことを常に意識し、日々成長していきたいと思っています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

人と会っていることが多いです。特に最近は友人と旅行に行く機会が増えました。社会に出て勤務地も離れ離れになってしまっている人が多いのですが、旅行をきっかけにして集まり、日頃の疲れを笑い飛ばしています。それぞれの環境で似たような苦労をしながらも、一生懸命仕事に励んでいる友人とは、お互いにエネルギーを与え合えているような気がしています。

一日のスケジュール

8:45 出社。メールチェックや今日の予定や優先順位の確認
9:30 社内打合せ。同じお客様を担当しているSEと営業で、案件ごとの進捗状況や課題について情報共有
10:00 社内打合せ。見積の依頼をするため、担当部署の方に案件の概要やスケジュール、詳細な要件など、認識にズレが出ないよう直接お会いして説明
12:00 お昼休憩
13:30 社外打合せ。お客様先で、構築中のシステムの進捗状況報告や仕様について認識合わせ
16:00 社内打合せ。お客様に提出する資料内容について、SEと営業で確認
17:00 書類作成などの事務作業
18:00 退社

同じ職種の先輩