本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

下村

いずれの業務においても、背景には患者さまがおり、<br />医療分野における臨床のプロとして非常に責任感のある仕事です

入社動機

学生時代、横浜で開催されているITEM(日本最大級の国際医用画像総合展)に毎年参加していました。
私は医学・医療系を専攻しており、MRI装置やCT装置に関心があり、最新の医療機器の技術を各社がアピールしている姿は非常に魅力的でした。“医療”という日々変わるものに対し、医療機器メーカーだからこそ、いい医療を提供する一助になれる! と思い入社を希望しました。
特に会社の患者様に対する優しさ『Patient Friendly』や、お客様(病院・患者様)と会社の『Win Win』の考え方には共感が多く、今現在も仕事をしていく上で、心がけていることの一つです。

仕事内容

アプリケーションという職種は、簡単にいうとコンサルタントのようなものです。
それぞれの担当である画像診断装置において、お客様関連業務や営業支援業務を行います。前者は臨床現場にて、装置の使い方や画質調整、検査立会いなどであり、後者は施設見学時の装置説明や画像のデモンストレーション、販売促進資料の作成など、多岐に渡っております。いずれの業務においても、背景には患者さまがおり、「医療」というくくりにおいて、臨床のプロとして非常に責任感のある仕事となっています。

仕事の面白さ・醍醐味について

私はMRI装置を担当していますが、一番のやりがいは画質の調整により、診断能が上がったと医師に仰っていただけることです。
間接的ではありますが、患者様のためになっていると実感できます。ただし、そのためにはMRI装置の原理やスペック、臨床解剖、疾患などの知識が必要であり、日々勉強しています。また、医師や診療放射線技師など、さまざまな医療従事者と、病院、学会、展示会などで会話をすることも一つの醍醐味です。

仕事で苦労する点について

医師や診療放射線技師との接触が多く、臨床の勉強は必須です。お客様の要望をインプットし、満足していただけるようアウトプットするのは、知識や経験が必要であり、苦労することが多く、日々勉強させていただいています。
また、コミュニケーション能力も問われるこの仕事は、苦労することもありますが、非常にやりがいのある仕事だと日々感じます。

印象に残っている仕事やエピソード

一番印象に残っている仕事は、入社1年後の4月に行われた、ITEM(日本最大級の国際医用画像総合展)での説明員の仕事です。すごく緊張しましたが、無事3日間、説明員としての任務を果たせたことで、自信にもつながり、今後の仕事に対するモチベーションが高まったことを覚えています。

今後の目標

入社から数年経過し、自分で考えて行動することが多くなってきました。与えられた仕事をこなすのではなく、自分から積極的に仕事に向き合い、医療機器メーカーの一員として、医療の発展に貢献していけたらと思います。そのためには、臨床知識の向上は必須であり、日々成長していけるよう精進していきたいと思います。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日は、趣味でもある温泉巡りをし、心も体も癒やされています。
また、同僚との山登りやBBQ、旅行、飲み会などの交流も活発的に行われ、充実した休日を過ごしています。

一日のスケジュール

8:30 新規MRI装置既納先に訪問。事前に病院の情報は収集しておく
9:00 MRI装置の取り扱い説明や撮像条件の検討。1日の検査数や診療科を意識して実施
10:00 MRI装置の安全講習を実施。資料は事前にまとめておく
12:00 昼休憩
13:00 検査の立会い。画質の臨床的価値の情報提供、および画質の微調整
15:00 医師や診療放射線技師とのミーティング。要望事項や画質の評価をヒアリング
17:30 帰社。メールチェックと上長への訪問内容の報告
18:00 退社

同じ職種の先輩