本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

進藤

大学院時代に取り組んだ課題の難しさとやりがいが忘れられず、<br />共同研究先である現在の職場を選びました

入社動機

私が当社という会社を知ったきっかけは、大学院に進学した際の当社との共同研究です。それまで医療機器に全く携わったことのない私が、共同研究を通じて医療機器を設計する際の難しさを知りました。そして、それと同じくらい難しい課題に取り組んで製品を開発することへのやりがいを感じました。それらを感じながら研究を続けていくうちに、自然と当社に入ってみようかなぁ、という気持ちが強くなっていきました。

また、共同研究の際にお世話になっていた、現在の私の先輩方の打合せの時の雰囲気が、とても生き生きとしていて楽しそうだったことも当社への入社を決めた理由の一つです。

仕事内容

CTシステム本部は、X線CT装置を設計・開発しているのですが、その中で私が担当しているのはX線電源装置です。CT装置ではX線管に高電圧を印加することでX線を発生させるのですが、その高電圧を印加させるためのインバーター、コンバーターと呼ばれる電力変換器を設計・開発しています。CT装置の仕様によって電源装置への要求は異なってくるため、電源に求められている性能は満たしながらもなるべく安価に装置を製作できるよう、コストと性能の両立を常に意識して設計を行っています。

仕事の面白さ・醍醐味について

設計という仕事を行っていく上で面白さを感じる点は、新しいことにチャレンジしている時です。装置をよりよいものにしていくため、新たな部品や基板を検討・設計し、それらを初めて装置に実装して問題なく動作した時はホッとします。また、装置で予期せぬ動作が起きた場合に、その原因を調査・検証し、原因を突き止めた時はとても面白さを感じます。

仕事で苦労する点について

装置で予期せぬ動作が起きた場合の原因解明にたどり着くまでに多くの苦労や困難があります。原因をいろいろな方向から考え、検証試験を行いそれでも解決しない場合はまた別の方向から考え・・・の繰り返しが続きます。なかなか原因までたどり着けない時はくじけそうになる時も多々ありますが、その度に上司、先輩に支えてもらいながらよりよい装置を作るために頑張っています。

印象に残っている仕事やエピソード

当社に入社してから初めてX線CT装置が回転しているところを見たのですが、その時の迫力は今でも忘れられません。さまざまなユニットが搭載された回転盤が、1回転1秒以下のスピードで高速回転する様子はまさに圧巻で、改めてCT装置を設計することの大変さを実感しました。

今後の目標

まずは、電源装置のみならずCT装置に対する知識をどんどんと増やしていくことが当面の目標です。そのためには、自分の担当している装置以外のユニットにも関心を持ち、周りの人とうまくコミュニケーションをとりながら情報交換していくことが大事です。CT装置はいろいろなユニットが集まって一つの製品となっていますので、そのようなコミュニケーションを大事にして業務をこなしていくことが、知識の習得だけでなく、いい製品を作っていくための第一歩なのではないかと思っています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日は、会社の人たちで集まりバドミントンをしています。下手ながら一度試合に出たこともあり、コテンパンにやられたのがいい思い出です。冬は会社の同僚とよくスノーボードに出かけます。なかなかうまくなりませんが、雪の上ではしゃいでいると日頃の疲れを忘れてしまうくらい楽しくなります。

一日のスケジュール

8:35 出社。メールチェックやグループの朝礼などを行う
8:45 業務開始。部品評価やデータまとめなど、設計業務を行う
10:00 グループミーティング。1週間の業務進捗や、残っている課題などをグループで話し合う
12:15 昼休み
13:00 午後の業務開始。午前中と同様、部品評価やデータまとめなどを行う。メーカーなどとの打合せを行う場合もある
17:15 退社

同じ職種の先輩