本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

川又

会社情報を見る

採用面接などを通じて、働きやすそうな環境だと感じました<br />実際入社してみて、その考えに間違いはありませんでした

入社動機

大学で専攻していた化学の知識を活かしつつ、新しい分野に飛び込んでみたいと思ったのがきっかけです。入社前のシステムに関する知識レベルは大学のレポートを作成する程度でしたが、会社説明会で当社の教育制度を聞き、チャレンジしてみようと決めました。
また、採用面接がとても印象的でした。当時の社長、副社長はじめ、面接官のみなさんがよく話を聞いてくれたので、働きやすそうな環境だと感じました。実際入社してみて、あの時の決断は間違っていなかった、と思っています。

仕事内容

新人配属後、現在の部署で生産管理システムの開発、導入、展開、維持などを行っています。最近では、システム開発プロジェクトに設計フェーズから参画し、お客様の業務や要望に合わせたシステム開発を行っています。
その他には、お客様からの問い合わせ対応や提案活動を行い、お客様がよりよいシステム環境を利用できるよう、日々努力しています。

仕事の面白さ・醍醐味について

この業界は、常に技術が進歩します。私が入社してからも、WindowsのOSが新しくなったり、サーバスペックが向上したりと、技術の進歩に合わせて私たちも勉強が必要になります。現在、システム開発業務の傍ら、新技術の検証として、DBMS(データベース管理システム)の新機能の検証を行っています。新技術は、技術情報も少ないため容易ではありませんが、社内での第一人者になれるように取り組んでいます。

仕事で苦労する点について

先輩や上司は、製造現場での勤務経験やこれまでのシステム導入・維持経験から、現場での運用などを考慮したシステム開発や業務コンサルを行っています。一方、私はお客様の実際の業務や運用についての知識が少ないため、要望・問合せ等に対してもすぐに理解できず、先輩や上司にフォローしていただいている状態です。そのため、工場見学や社内での勉強会などを通して、製造現場に対する見識を広げるのが現在の課題です。

印象に残っている仕事やエピソード

入社2年目の時に、私が主担当となってシステムの導入を行いました。システムの規模は大きくないものの、私にとって初めてお客様と直接関わるプロジェクトであったため、非常に不安でした。提案や打合せの前にはシステムのプロトタイプやヒアリングシートを作成するなど、入念な準備を行いました。お客様にも恵まれたこともあり、初めの打合せの1か月後にはシステムを稼働させることができました。

今後の目標

現在の部署に配属されてから、生産管理システムの開発や導入を担当してきましたが、生産管理や製造現場に関する知識はまだまだ部分的なものだと感じています。今後は、業務経験を積み、生産管理や現場の知識・理解をさらに深めていきたいです。さらに、製造現場の知識を活かしたシステム提案活動を行い、お客様が生産活動に専念できるよりよい環境づくりをシステム面からサポートできるようなSEを目指します。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

会社の同期や先輩と、食事や旅行をしたり、イベントに参加したりして、気分をリフレッシュさせています。
また、情報処理試験やTOEICなど、試験が近い時期には、試験に向けて勉強することもあります。
社会人になってからは運動する時間が減ってしまったので、最近はウォーキングを始めようかと考え中です。

一日のスケジュール

9:00 【始業】メールや課題・タスクの確認
10:00 【作業】システム導入時に使用するデータ移行ツールの作成
12:00 【昼食】同期や先輩とランチ
13:00 【打合せ@】システム展開に向けた要件定義や適合性分析
17:00 【打合せA】開発方針についての打合せ
18:00 【終業】残課題等を整理して帰宅

同じ職種の先輩