本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

坂井

日立が誇るインフラ技術と医療工学技術なら、ソーシャルイノベーションを実現できる<br />日立の技術で世界一のヘルスケアソリューションを提供したいと考えています

入社動機

医療に携わる仕事がしたかったからです。

自身が開発設計した医療機器が日本国内のみならず、海外でも多くの病院で使用され、医療機器を通じて、世界中の人々の命や健康に携わることができることが最大の魅力です。グローバル市場に求められる医療機器の多様性や、ニーズが常に変化すること、市場が大きいことも魅力の一つです。

日立を選択した理由は、グローバルに活躍できる環境と、日立がインフラとして医療に取り組む姿勢に強く魅力を感じたからです。日立が誇る世界トップクラスのインフラ技術と医療工学技術は、ソーシャルイノベーションの創出を可能にします。今でも勤務を継続している理由の根底は、入社当時と何も変わっていません。それだけやりがいがあります。

仕事内容

開発設計の仕事をしています。

具体的には、医療機器を制御するプリント基板の開発設計や、設計したプリント基板に搭載する組み込みソフトウェアの開発設計をしています。開発した製品を量産するための製図も設計の重要な仕事の一つです。日々進歩している技術を製品に取り入れるため、要素技術の開発や特許の執筆も行います。

新しい技術を修得したい場合には、積極的に研修に参加することが可能で、いつでもスキルアップすることができる環境が日立にはあります。社外での活動では、日立グループの各事業所から技術者が集い、定期的に情報を交換し、各事業所の技術の共有や、課題の共有を行っています。私も参加して、日立における開発設計の指針策定について、議論する機会をいただいており、日立の各事業所が一丸となって新しいソリューションの創出に取り組んでいます。

仕事の面白さ・醍醐味について

医療業界という視点でいえば、入社動機でもお伝えした通り、やはり世界中の人々の命や健康に携われることが醍醐味といえます。他の業界では考えられないほど関わることができます。
また、共同研究など、大学病院などの医療機関と連携し、臨床の研究や試作品の臨床評価ができる環境があり、国内外の医療従事者と仕事ができることも、医療業界ならではの面白さです。
製造業という視点でいえば、製品について、研究・開発・試作・設計・量産・出荷・メンテナンスのすべての工程に携わることができることは、ものづくりの醍醐味といえます。
開発設計職の視点でいえば、研究開発費を使って試作設計し、自身がチャレンジしたいことに没頭できる環境があり、毎日の開発設計が面白いです。

仕事で苦労する点について

人々の命や健康に関わる医療機器なので、安全に使用されることが第一です。そのため、安全性についての検証に苦労します。
医療機器は、航空・自動車業界と並び、安全性が重要なことから、さまざまなリスクに対して多面的な考え方が必要になり、常に安全性を重視した開発設計を行います。
故障などの不具合を発生させないように設計することは当然ですが、加えて、誤操作や勘違いなどを引き起こさないように、医療従事者のワークフローを考慮したユーザビリティを提供し、被検者の負担の軽減に配慮した性能を提供しなければなりません。
医療従事者(使用する側)と被検者(使用される側)の両方の側面を考慮して開発設計することは、人対人で使用する医療機器業界ならではの苦労だと思います。看護師・技師・医師など、医療従事者もさまざまであり、それぞれの役割によって視点が異なるため、医療機器に求められる要求も異なることが苦労の背景にあります。

印象に残っている仕事やエピソード

日立では、充実した研修制度が備わっていることは、すでにお伝えしましたが、私もたくさんの研修に参加して、スキルアップを図ってきました。

その中でも印象深く、大変貴重な体験としては、大学に1年間通い、社会人大学生などと一緒に、大学の医療研究施設で、基礎医学・臨床医学・未来医学などについて、学ぶ機会が得られたことです。学費などの全ての費用は会社が負担してくれます。開発設計と学業の両立は、なにかと苦労する点も多かったですが、解剖学や生理学、病理学、薬理学、臨床医学、メディカルエンジニアリングなど、さまざまな医療学問の知識を得ることができ、現在の医療業界のさまざまな課題を知ることにもつながりました。この経験から、さらに視野を広げることができるようになり、現在の開発設計に役立っています。

今後の目標

今後の目標は、世界一のヘルスケアソリューションを提供し、一人でも多くの人を幸せにすることです。

現在、世界にはたくさんの課題があります。日本国内においては、少子高齢化、国の医療費の負担増大、健康寿命などの課題に対する取り組みも継続する必要があります。国外においては、感染症、地域による医師の偏在、各国の医療経済の課題など、その時々の課題は多種多様です。また、新興国や先進国、環境によっても、人それぞれ医療や健康に対する価値観や考え方も異なります。

私自身、一人の技術者にすぎませんが、一つひとつの課題に技術で向き合いたいと考えています。そのためには、常にアンテナを張って、日々スキルアップし、チャレンジ精神を持って開発設計に取り組むことが、目標に近づくための道だと考えています。日立の技術で世界一のヘルスケアソリューションを提供したいと考えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

仕事終わりには、同僚などと遊びに行くこともありますが、スポーツジムに寄って一汗流して帰宅することもあります。

休日には、行きつけの喫茶店で、のんびりと読書などをすることが多いですが、美術館を巡って感性を磨くことも楽しみの一つです。そんなふとした時間にアイデアがひらめくこともあるので、オフの時間を大切にして、気分にまかせて楽しんでいます。また、医学研修で知り合った大学の同期生との交流は今でも継続しており、休日に会って、同期生や医師、教授など、皆でパーティーや皇居ランニング、ボルダリングなどをして楽しんでいます。

一日のスケジュール

8:00 出社
11:00 会議
12:00 ランチ
13:00 開発設計
16:00 特許執筆
19:00 帰宅

同じ職種の先輩