本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

能田

グローバルプロジェクトでは、地域によって考え方や習慣が異なる中で、<br />互いの認識をあわせていくことが大事だと実感しています

入社動機

私は大学で学んだ会計や経営の知識を活かし、世界で戦う日本の製造業に貢献していきたいと考えました。その中で、特にITシステムが企業の経営に欠かせない要素になっていると思い、日本企業のITシステムの導入を通じて、日本の製造業を強くしたいと考えました。ITを扱うベンダーはたくさんありましたが、日立はハードウェアの製造、ソフトウェアの開発と、システムインテグレーションを総合的に手がけており、総合的にお客様へ貢献できるチャンスが多いと考え、日立で働きたいと思いました。

仕事内容

製薬企業をお客様として、さまざまなITシステムの拡販を行っています。お客様が利用される社内システムの開発やシステム基盤となるハードウェア、ソフトウェアを組み合わせた提案を行っています。お客様の中には、情報システム部門の要員が少なくシステムの運用に課題を抱えられているお客様もいらっしゃるので、情報システムの維持運用を日立が行うアウトソーシングの提案も行っています。

仕事の面白さ・醍醐味について

製薬業界では、グローバルで新しい医薬品を開発し、製造販売していく流れが強まっており、それを支える情報システムもグローバルで考える必要が出てきております。日立がグローバルでお客様の仕事を支える情報システムを提供していくために、日立の海外グループ会社や外資のパートナー企業と一緒にお客様への提案を行っています。自社に限らず、海外の仲間と一緒にプロジェクトを進めていくところに、やりがいを感じています。

仕事で苦労する点について

海外というと英語や時差の部分も苦労はしていますが、それだけではありません。地域によって考え方や習慣が異なる中で、お互いの物事の進め方や困っている点を話し合って、認識を合わせていくことが大事だと実感しています。

印象に残っている仕事やエピソード

日本にある外資系の製薬企業に基幹システムを導入する提案を行ったときのことです。お客様の社内の業務の多くを支えるシステムを再構築するプロジェクトだったため、お客様も全社を挙げたプロジェクト体制を準備していました。プロジェクトのキックオフというのは、普通ならお客様と日立の主要なメンバーが集まって行うことが多いのですが、このお客様の場合は両社の全てのプロジェクトメンバーを集め、プロジェクトの目的や方針について全員の理解を促進されていました。外資系企業ということもあり、グローバルでは全員の意識を統一することが大事だと理解しました。私にとって初めてのグローバル対応であり、今でも非常に印象に残っています。

今後の目標

ここ数年でお客様のグローバル化がさらに加速しており、日本だけでなくグローバルで利用するシステムのニーズが高まっています。日立の情報通信システム事業のグローバル化もこれからさらに進めていかなければいけません。現在の仕事を通じて、世界のどこであっても日立グループでお客様を支えていけるような事業にしていけるように、日立の海外グループ会社とも連携を進めていきたいと思っています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

料理が趣味です。休日は和食やイタリアンなどいろいろな料理に挑戦しています。時には、ピザを生地から作ってみたりと大作にも挑戦しています。

また、年に数回ですが、夫婦で海外へ旅行に行っています。その国々の文化を感じることで世界の多様な考え方に触れられるいい機会だと思います。入社10年のリフレッシュ休暇を利用し、来年はヨーロッパかアメリカへ旅行に行きたいと思っています。

一日のスケジュール

9:00 米国の日立グループ会社と電話会議で案件の進捗を確認
11:00 お客様のグローバルプロジェクトについて、ビジネスパートナーと課題の確認
13:00 グローバルシステムの運用について、お客様へご提案
15:00 帰社後、今後の進め方についてインターナルミーティング
16:00 東京のグローバルチームとプロジェクトの進め方について相談
18:00 お客様と懇親会

同じ職種の先輩