本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

江浪

会社情報を見る

自分で描いた図面が製造に流れ、実際に製作される<br />仕事の結果が形として明確に残る点が大きな魅力です

入社動機

もともと、機械に興味があり、学生時代に日立プラントメカニクスでインターンシップを行ったことが、入社のきっかけです。その際にプロの機械技術者に指導いいただき、機械設計という職に対して大きな魅力を感じ、一層興味を強くしました。機械設計者として技術を磨きながら成長できると考えたため、入社を決意しました。

仕事内容

私の仕事は天井クレーンの設計です。設計は製作過程の上流であり、お客様や他部署と連携しながら業務に当たる、クレーン製作において最も重要な役割です。現在私が担当する主な業務内容は、設計計算、作図および製作部署への出図や購入品の手配、お客様提出資料作成などです。見積もりや詳細設計に必要な情報収集を目的として、納入先のクレーン据付場所へ調査に行くこともあり、業務内容は充実しています。

仕事の面白さ・醍醐味について

自分で描いた図面が製造に流れ、実際に製作されるため、仕事の結果が形として明確に残る点は大きな魅力です。設計の際には、社内基準に則った計算を行いますが、計算式の考え方などは、背景となる資料を参照すると非常に勉強になります。学生時代では身につかなかった内容を業務レベルで理解し、補完していける点は、この仕事の醍醐味かと思います。

仕事で苦労する点について

経験が浅いため、業務において何が必要なのか理解が及んでいない点で苦労があります。提出すべき資料や、各種仕様書に含めるべき内容など、諸先輩方に教えていただきながら業務を進めています。また、工場が離れているため、実物を見る機会が少ない点に不便を感じる事もあります。

印象に残っている仕事やエピソード

製作工場に行った際に、図面でイメージするサイズと実物に、大きな差を感じたことが印象に残っています。作図の際に実際のスケールを意識することは大変重要だと感じたため、特に機上の作業用スペースなどは実寸法を巻尺で確認しながら作業しています。

今後の目標

短期の目標としては、現在の業務を十分こなす能力を得ることです。具体的には設計部署において、一つの案件を取りまとめる能力を磨いていければと思っています。将来的には、クレーンに関する知識を十分に深めた一人前の技術者として、お客様に貢献したいと考えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

現在の事業所に移った際、実家暮らしでは考えられないほど駅が近くなったため、電車移動で買い物に出ることが多くなりました。最寄駅から書店の集まる神保町まで30分ほどで行くことができるので、休日は豊富な品ぞろえの中から好きな本を選び、ゆったりと読書三昧で過ごしています。

一日のスケジュール

8:00 出社(スケジュールでその日の業務内容を確認し、始業までメールチェックや控え図面のファイリングを行います)
9:00 設計業務(図面のチェック、修正と手配業務が主です)
12:00 昼食
13:00 ミーティング、設計業務
18:00 退社(17:35〜残業時間となるため、可能な限りそれまでに退社します)

同じ職種の先輩