本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

櫻河

営業の仕事は受注して終わりではありません。システム納入後も継続して<br />お客様と良好な関係が築けるように細かい仕事一つひとつを大切にしています<br />

入社動機

学生時代から社会インフラに貢献できるような大きな仕事に携わりたいと考えていました。加えて、コンサルティングなどではなく、具体的な製品を提供して自らの成果が目に見えてわかるとやりがいを感じることができると思い、メーカー中心に就職活動をしていました。

その過程でたくさんの方々と出会い、さまざまな観点からお話を伺いましたが、日立製作所で働く社員の方々のお話が非常に印象に残っていました。最終面接において、学生時代の趣味の話で盛り上がり、人柄や内面を見た上で採用いただいている事が伝わり、うれしくなったことを今でもよく覚えています。内定が出てからもさらに会社の事を調べて、挑戦できる分野が多岐に渡る日立ならば自分の可能性を模索できると確信し、入社を決めました。

仕事内容

金融機関向けの情報システムをメガバンクに提案・提供する営業業務を担当しています。営業の仕事は受注して終わりではありません。金融機関システムは社会インフラの中でも非常に重要な役割を担っているので、高信頼・高品質なサービスが求められます。それを実現するためにシステム構築中に社内で多くの関連部署を巻き込み、お客様と何度も交渉し、お互いが納得できるラインを導きます。システム納入後も継続してお客様と良好な関係が築けるように細かい仕事でも一つひとつ大切に対応していくことを心がけています。

また、世の中の動向に対して一番敏感になり、革新的な提案をいち早くできるように社内の最新技術をお客様に紹介し、一緒に新しいビジネスを創出するのも営業の大事な仕事です。

仕事の面白さ・醍醐味について

大きなプロジェクトに関わることができる点がこの仕事の醍醐味だと思います。私の場合、入社2年目の新人で開発中の大型プロジェクトを担当することになりましたが、最初はどうしたらいいかわからず、上司や周りの先輩方に相談ばかりで何もできていませんでした。会議の中でも内容がわからず発言できていませんでしたが、だんだんなんとなく理解できるようになり、少しずつ発言するようになりました。周りの方々は新人にもかかわらず、真剣に耳を傾け、同意いただいたり、アドバイスをしてくれます。営業は少人数でありながら、社内を引っ張る牽引力が求められるのでプロジェクトを主体的に担当していることを最も実感することができるのも面白さであると思います。

仕事で苦労する点について

営業はお客様要望を実現するために社内で多くの人を巻き込み、それぞれの立場からの異なる見解を会社として同じベクトルに合わせなければなりません。また、お客様も大きな組織なので関連部署も多く、それぞれに交渉していく必要があります。当然人によって、求めるレベルが変わってくるのでそれらに対して日立の回答を合わせ、営業が着地点を見出します。ある程度の経験則も必要ですが、これらのプロセスに正解はないので、お客様が求めている真意を理解するために日頃からたくさん会話することを心がけています。

印象に残っている仕事やエピソード

社会人6年目の時に今までで最も大きな仕事を任され、そのプレッシャーに押しつぶされそうになりましたが、上司から「自分の好きなようにやってみろ」といわれ、他社にはない新技術をお客様に提案しました。

正直そのタイミングで提案するにはハードルが高く、提案当初はお客様から受け入れてもらえませんでした。しかし、どうしても諦めることができず、何度もお客様先に訪問し、内部の課題をヒアリング、それを社内に持ち帰り、打合せを重ね、資料作成や説明を繰り返しました。意図がうまく伝わらず、上司やお客様に迷惑もかけましたが、誠意が伝わったのかお客様から「一緒にやってみましょう」というお言葉をいただき、一気に加速。ついに今まで実績がなかった新技術を納入することができました。後日、「櫻河さんじゃなかったら導入できなかっただろうね」といわれ、最終的には人とのつながりで物事は進んでいくということを再認識しました。この仕事をきっかけに、そのお客様とは今でも良好な関係が続いています。

今後の目標

現在、推進している仕事はまだまだ先が長いので、最後までしっかりやり遂げることが当面の目標です。

今後は今まで築いてきた人脈で印象に残るような新しいビジネスを立ち上げたいと考えています。内容はまだ漠然としておりますが、お客様と共同でニュースリリースを出せるくらいインパクトのある仕事をすることが将来的な目標です。営業として、私のポリシーでもある「度胸」と「情熱」を持ち、常にお客様の立場になりながら物事を判断できるようになれるようこれからも邁進していく所存です。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

日立は年間で定められた休日が多く、オンオフの区別がはっきりしているので、休日は趣味に没頭できています。

学生時代からヒップホップが大好きでライブハウスの大勢の前で会社での出来事や感じたことを歌詞にしてラップを披露しています。最近では会社の後輩もラップに魅力を感じ、「Hitachi Crew」というものを結成し、一緒に曲作りに励んでいます。現在『この木なんの木』のラップバージョンを計画中です。

一日のスケジュール

8:30 出社。メールチェック。当日行う仕事の洗い出し、依頼物を整理し、優先順位をつけて仕事に取りかかる準備を行う
9:30 課のミーティング。先週の出来事の報告および今週の予定などをメンバー間で共有する
10:00 午後からの打合せ資料作成など
12:00 昼休憩
13:00 お客様との定例会。構築スケジュールや課題などについて、議論する
15:00 見積に関する打合せ。お客様との合意事項の確認、前提条件のすり合わせ
16:00 打合せの内容を社内関係者にフィードバック、メールでやりとり
17:00 デスクワーク。依頼物の回答や見積・契約書の作成、明日の仕事の整理など
19:00 帰社

同じ職種の先輩