本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

石濱

みんなで作りあげた製品を実際に動かし触れられる点は<br />メカトロニクス製品に携わる醍醐味であり、面白さだと思います

入社動機

学生時代は画像処理に基づき機械を制御する研究を行っていたので、ハードとソフト両方に関わる仕事がしたいと考えていました。その中で日立はハードとソフト双方に強みがあることを知り、幅広い知識の習得と自分自身の成長が実現できると考え入社を志望しました。

仕事内容

機動橋(架橋)を中心としたメカトロニクス製品の品質保証業務を担当しています。品質保証部の業務範囲は広く、設計初期段階から納入まで製品に関わり、幅広い知識と責任感を武器に業務に取り組む魅力的な仕事です。ものづくりの中心ともいえる職場で多くの技術を学び、極められるよう日々努力しています。

仕事の面白さ・醍醐味について

品質保証部はできあがった製品を最初に動かす役割も任されています。実際に動かし触れられる点はメカトロニクス製品の醍醐味であり、面白さだと思います。また製品規模が大きくなれば製品試験に関わる人数も多くなり、一つの目標に向かって業務に取り組む一体感はなかなか味わうことができないと思います。

仕事で苦労する点について

製品と品質のつくり込みは品質保証部の役割だと信じ、関係部署へ厳しい指摘をすることもあります。問題点を指摘することで悩むこともありますが、お客様のもとでよりよい状態で運用される光景を見ると品質保証部としての役割を果たせたと感じることができます。

社内・社外関係なく、相手に納得してもらえるように意見を伝えることは非常に難しくこれからも努力が必要だと考えています。

印象に残っている仕事やエピソード

入社2年目に新規開発品の試験計画からお客様納入時の据付調整まで一貫して担当したことは今でも印象に残っています。製品が大きかったため、社内の限られた環境の中で、どのように性能や機能を確認し保証するのかが当時の課題であり、悩んだことを覚えています。上司や経験豊富な先輩方にアドバイスをいただき、少しずつ課題を解決し、納入までたどり着けたことは今でも自分の自信になっています。

今後の目標

体験を通してしか得られない経験が不足していると感じています。新しいことや変わったことに関わる機会があれば成長のチャンスと捉え積極的に挑戦したいと思います。また、製品を操作するには知識や経験だけでなくさまざまな資格が必要となります。どんな製品にも対応できるよう資格取得にも励みたいと考えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

「休日はぐだぁっーと過ごすべき」と学生時代は考えていましたが、社会人になって「休日だからこそできることを全力でやる」という考えに変わりました。早起きして山登りへ行ったり、習い事へ通ってみたり、マラソン大会に出てみたりと平日にはできないことを思いっきりやることで気持ちのリフレッシュを心がけています。また会社以外の友人と時間を合わせることはだんだんと難しくなります。多少疲れていても気分転換と考えてその機会を大切にしています。

一日のスケジュール

8:00 出社して1日の業務を確認・整理
9:00 朝礼にて1日の作業内容を各作業者へ説明
12:00 昼食
13:00 午前中の作業内容を踏まえ、午後の作業を各作業者へ説明
17:00 夕礼にて1日の成果と翌日の作業内容を確認
19:00 データの整理と翌日の業務スケジュールを作成、帰宅

同じ職種の先輩