本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

北島

多くの人と協力しながら決められた期間で製品を仕上げることに苦労しますが<br />苦労する分、うまくいった際の喜びが大きいのがこの仕事の面白さです

入社動機

大学生時代に研究で使用していた電子顕微鏡のメーカーとして日立に興味を持ち、社内教育が充実していることを知り、入社を希望しました。OBの方に親切に対応してもらい、いくつかの研究所や工場を見学し、大学時代に勉強したことが役に立ちそうな現在の職場を希望しました。

仕事内容

入社当時から防衛省に納める機械製品の設計に従事しています。

具体的には陸上自衛隊に納入する特殊車両の開発・設計や、海上自衛隊に納入する船舶の巻揚装置の開発・設計を担当しています。業務内容としては、お客様から要求された仕様に対して、製品の設計を行い、お客様の設計審査などを経ながら、お客様と製品の形状・機能などをつめていき、いろいろなメーカーの協力を得ながら、製品を最終形状まで仕上げます。

仕事の面白さ・醍醐味について

私が所属している部署は主に機械製品の開発・設計を行っているため、間近で製品が完成していく過程を見ることができ、ものづくりを実感することができます。特に私が担当している製品は、自分で運転することができる製品が多いため、自分で設計したものを実感できる面白さがあります。

仕事で苦労する点について

どのような製品でもいえることだと思いますが、一つの製品を開発・設計・製造・検査を通して完成させるには多くの人が従事しており、それら多くの人と協力しながら決められた期間で製品を仕上げることが最も苦労する点です。製品に関わるそれぞれの人にいろいろな課題があり、それらの課題を解決しながら、製品を、まとめ上げることが大変ではありますが、苦労する分、うまくいった際の喜びが大きいので、仕事の面白さでもあります。

印象に残っている仕事やエピソード

入社当時から15年間、一つの製品の要素開発から1号機製造、量産対応と一貫して担当できたことがとても印象に残っています。入社当時は、担当分野の知識が乏しく、職場の先輩・上司の方に助けていただきながら担当部分を設計し、初めてその部分の試験をした際は試験がうまくいくまで、すごく不安で落ち着かなかったことを今でも覚えています。その分、うまくいった時の喜びもとても大きなものでした。ものづくりを初めて実感した機会でした。

また、2014年に長年担当してきた上記製品をフランスで開催されたユーロサトリという国際展示会に初出展し、説明員として1週間同行できたことが印象に残っています。

今後の目標

所属している職場には、毎年新入社員や他の部署から異動して来た人など新しい人たちが入ってくるので、それらの人たちの新しい考え方を吸収しながら、いい職場・いい製品をつくり上げていくことが今後の目標です。

また最近担当している製品は海外から製品を購入することがあり、海外メーカーと調整が必要なため、語学力向上や海外メーカーとの交渉力向上が最近の目標です。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

現在は子どもがまだ小さいので、オフは子どもと遊ぶことが主になっています。それ以外の時間はビジネス書などの読書をすることが多いです。独身の頃は、同期とスノーボードに行ったり、テニスをやったり、旅行に行ったりしていましたが、最近は家族で過ごすことが多くなりました。

一日のスケジュール

9:00 仕事開始。メールチェック
11:00 所属グループの打合せ
13:00 担当製品の打合せ
15:00 予算・工程チェック。他部署との調整
18:00 部下からの回覧物のチェック
20:00 帰宅もしくは翌日の準備

同じ職種の先輩