本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

小林

予測できない災害に対応する重要なシステムを提供することで、<br />社会貢献の一助となっていると自負しています<br />

入社動機

日立製作所では幅広い分野の事業、製品を手がけており、高い技術力でさまざまなソリューションを展開しています。その中でもディフェンスシステム社における社会インフラの安全保障事業で活躍し、少しでも社会貢献に寄与したいと思い志望しました。

仕事内容

地方自治体向けの防災ソリューションの提案・システム開発を行っています。防災システムは、迅速な災害対策のため、災害関連情報を一元的に集約し、防災関係機関での情報共有を図るとともに、住民への情報提供により、災害予防や被害の未然防止を図るシステムであり、日立グループの総力を結集して地域特性に応じた最適なソリューションを提案・構築し、さまざまな災害に活用されています。

仕事の面白さ・醍醐味について

東日本大震災を契機に防災意識が高まり、より効率的・効果的な災害対応、住民への迅速な情報提供、災害に対する啓発などが防災システムとして求められています。自治体の災害対応業務に直結したシステムのため、システムに対する責任は重いですがその分やりがいもあります。いつ起きるか分からない災害への対応を支援する重要なシステムを提供することで、社会貢献の一助となっていると自負しています。

仕事で苦労する点について

入札対応における提案書の締め切りや、システム納入間際などは多忙な日々が続きます。計画的に進めていても毎回何かしらの課題やトラブルはつきもので、そのたびに学ぶことも多いです。また、忙しいほど受注に結びついた時や、無事にシステムが完遂した際の達成感はより強くなり、チームの団結力がさらに深まることを実感しています。

印象に残っている仕事やエピソード

東日本大震災の際に、当時担当していた防災システムの運用支援でお客様の業務支援を行いました。数日間徹夜で作業をしましたが、災害対応業務を目の当たりにして災害の悲惨さを痛感するとともに、システムがどのように使われるべきかを学びました。運用者側の視点ではなく、構築者側の視点であったことを反省し、今では災害時に使えるシステムをめざして、運用や業務フローをベースとした防災システムの提案・開発を行っています。

今後の目標

現在は日本国内を主として防災ソリューションの提案・システム開発を行っていますが、防災先進国として培ってきた防災技術を世界に展開しつつあり、活動フィールドはさらに広くなります。国、地方自治体などの数多くの構築実績、ソリューション提案力、高い技術力を持ってさらなる事業拡大を図っていくことが目標です。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

平日は出張であまり家に居ないことも多いので、休日は家族と一緒に過ごす時間を大切にしています。海へ山へ温泉へと色々な所へ行き、リフレッシュしていますが、昨年、新居に越してからは家で過ごす時間もとても気持ちが良くて、最近では庭の野菜たちの手入れに時間をかけてます。

一日のスケジュール

8:00 出張先へ移動
10:00 支社・支店での打合せ
12:00 昼食。各地営業おすすめの名産を
13:00 お客様先での打合せ(提案活動、仕様調整など)
15:00 メールチェック、チームへの連絡、資料作成など
20:00 その日の反省会兼懇親会。各地のビールと共に

同じ職種の先輩