本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

猪口

「できるわけがない」と一蹴された案件が、後に「面白そうだ」という評判に<br />この仕事に取り組んだ中で得たノウハウや人脈は、現在の業務の基礎です

入社動機

大学では数学を専攻しており、もともと暗号やサイバーセキュリティに興味があったため、この業界を選びました。

日立を選んだ理由は、自社技術にこだわり、基本と正道を守って真摯に取り組む社風が自分に合っていると感じたことと、事業内容と規模から推測して、今後この分野でまだまだ成長していく余地がある会社だと考え、ものづくりによってそれを実現していきたいと思ったからです。

仕事内容

入社以来、PC向けのセキュリティソフトウェア・システムの提案から設計開発、維持保守まで通しで携わっています。情報学科の出身ではありませんでしたので、最初はセキュリティやシステム関連の専門用語などがわからず戸惑いましたが、研修や、周りの先輩方に聞きながら勉強し、自分で手を動かして試作する習慣をつけることで、何とか仕事にできるレベルになってきました。

現在は、これまでに開発した製品や、次世代を見据えた提案活動を進めながら、官公庁向けのPCセキュリティソフトウェアの開発と、次世代の暗号装置のコア機能を実現するソフトウェア研究試作のプロジェクトリーダーに従事しています。研究所のメンバーとも連携し、よりよいシステムにできるよう、考えながら走り回る日々です。

仕事の面白さ・醍醐味について

官公庁向けのシステムは、特にセキュリティが十分担保されていないとお客様自身が実現されたいことであってもルール上できないことが多いため、いかに使い勝手を損なわずにルールに則って実現できるかを考え、ご提案することが重要です。当然、さまざまな制限や課題は出てきますが、これらを乗り越える手段を考え、解決することに、やりがいを感じています。

特に、提案時や設計時に自分も含めプロジェクトメンバー全員が悩みぬいて搾り出したアイデア・解決策が反映された製品・システムが、お客様のもとで日常の一部として当たり前に使われている姿を見られたときはやはり達成感があるものです。

仕事で苦労する点について

官公庁向けの製品では動作環境・機能などさまざまなお客様特有の要件があります。その過程で自分に経験がない技術に行き当たることも珍しくなく、何とか実現方法を考えて食らいついていかなければならないので、毎度この点で苦労しています。うまい対応策を思いつくことがそのままイコールで他社との差別化や、プロジェクトとしての成否に直結するため、気が抜けません。

しかし、日立にはたくさんの技術者がいます。人を募ってたどっていけば、大抵はどこかでアイデアのある人につながりますし、逆に自分が知恵を求められたときには惜しまず協力するようにしています。それでもどうにもならなければ、自分が開拓者になるという気概を持って、今できるベストな対応を考え、実践するようにしています。

印象に残っている仕事やエピソード

官公庁向けの開発ノウハウを活かし、民生向けソフトウェアを開発したプロジェクトが印象に残っています。官公庁向けと民生向けを比較すると、特に使い勝手や見栄えに対するニーズが全く異なるため、新規開発部分が膨大となり採算が合わず、中止の危機に陥りました。解決策が出ないままの会議中、私がふとした思いつきでOSSを活用して新規部分を低減する方法を進言したところ、上司が「それに賭けよう」と、詳細検討やコア機能部分の設計開発を私に任せてくれました。それからいろいろな分野の方々と実現方法を協議しましたが、技術的な課題が非常に多い方法だったため、最初は「できるわけがない」と一蹴されました。しかし、根気強く検討を進めて課題を解消していくにつれて、「面白そうだ」と多くの方に協力いただけるようになり、製品化にこぎ着けました。この時に得たノウハウや人脈は、現在の業務の基礎となっています。

今後の目標

私は、日立の技術力や総合力をうまく活かすことで、お客様にさらなる「安全と安心」をご提供できると考えています。現在の業務を発展させていくことはもちろんですが、私自身、新たな知識や技術を貪欲に吸収し、他社も含め多様な方々と協業することで、より安心してご利用いただけるソフトウェアやシステムを生み出し、お客様に提案していきたいと考えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

大学から和弓をやっているので、自分の弓や道具の手入れをしたり、たまに情報機器にうとい実家のPCのメンテナンスをしたりします。長い休みの時には、たいてい国内各地に温泉旅行に行っています。その他友人と飲みに行ったり、ホームパーティーにお呼ばれすることもなどもあり、大変充実しています。

一日のスケジュール

9:00 出社。メールチェック。1日にやることの整理をしつつ、すぐに返信可能なものは返してしまいます
10:00 提案資料レビュー。午後に持参する提案書や見積資料を複数人でレビューし、ブラッシュアップします
13:00 定例打合せ。設計中のソフトウェアに関する打合せを実施。進捗報告や課題事項リストを確認し、必要な対応方針を示して、プロジェクトメンバーとやるべきことと期限の意識合わせを実施します
15:00 お客様と打合せ・課題事項の検討。午前中にレビューした資料を持参し、ご提案します。うまくマッチすれば話が進むことも。打合せから帰社したら、議事録を作成し、課題事項を整理して次の打合せに備えます
18:00 設計。定例打合せで判明した技術的課題を一部受け持って開発・検討したり、プロジェクト全体がきちんと進捗する見通しかどうか報告内容から適宜作業量を見積り直し状況分析します
20:00 退社。今日やるべきことが終わったら、残った仕事や新たに追加になった仕事を整理してから、退社します。帰宅時間は仕事の状況によってさまざまで、納期前など忙しいときは終電になることもあります

同じ職種の先輩