本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

阿部

日立では世界での競合に勝つために<br />組織のみならず個人の仕事の改善も求められています

入社動機

私は大学で科学技術が社会に与える影響や、どのようにして科学的知識が作られるかということを研究していたので、科学技術を用いて社会に貢献する仕事に携わりたいという思いがありました。就職活動のテーマを「医療・福祉・環境」として活動を進める中で、最終的に医療機器メーカーと日立製作所で迷ったのですが、「医療・福祉・環境」を含む幅広い事業を持っていたので、日立製作所への入社を決めました。

仕事内容

調達部の仕事は、部品やソフトウェアをはじめ、製品を製造するのに必要なものを外部から購入する仕事であり、価格決めおよび納期・品質に関する交渉を行い、品質のいいものを安く、必要な時期に納入させることがミッションです。私は入社後、パソコン用部品の基板アセンブリ品、テレビ、DVDレコーダー、カメラなどの製品を担当し、2012年よりディフェンスシステム社に異動になりました。

現在は防衛装備品の部品バイヤーとして海外取引先を担当し、価格・納期・品質に関する管理・交渉の他、契約交渉、税金や輸出入に関する手続きを行っています。実は、就職活動時のテーマ「医療・福祉・環境」の事業にはまだ携わっていないのですが、いずれとも仕事に大きな学びがあり、自分を成長させてくれるものであると感じています。

仕事の面白さ・醍醐味について

バイヤーとしての仕事の面白さ、醍醐味は交渉の楽しさと難しさにあると思います。

社内で計画したビジネスを成功させるため、自分たちが持っている条件を確認し、どうしたら取引先に要求に応じてもらえるか、シナリオを自分たちで作り交渉します。交渉がうまくいき、社内にとっても取引先にとっても納得のいく条件が獲得できたときは非常にうれしいですし、大きな達成感があります。また、仕事を続けていると、仕事上の貸し借りの中で取引先や社内関連部署といい関係を築くことができるのも楽しいです。ただ、時には取引先に強く主張しなければならないこともありますし、逆に取引先に不義理のないよう、社内を調整することもあります。常に公正で社内外から信頼されるバイヤーでありたいと思っています。

仕事で苦労する点について

部品の不具合や納期遅延により、社内の製造工程が遅れ、お客様への納期遅延につながることがあります。調達部では、関係部署と共に不具合の解決や納期の挽回を求める交渉を行いますが、期日までに不具合品を海外に返送して修理させる場合などは、海外への輸出許可が必要な場合もあり、時間との勝負になります。仕事の前さばきを行うように心がけてはいますが、突発的なトラブルはいつもヒヤヒヤしてしまいます。

また市場に対する変化のスピードが速いので、こうした変化についていくのも大変です。日立では世界での競合に勝つために、組織のみならず個人の仕事の改善も求められています。大変な面もありますが、全体として効率化などの改善提案を柔軟に受け入れる前向きな雰囲気があり、風通しがいい分頑張ろうと思えます。

印象に残っている仕事やエピソード

入社して4年目のテレビ用ソフトウェアの価格交渉は印象に残っています。

交渉にあたり、まず代替品への切り替えも含め、値引きを獲得するためのアイデアを設計のメンバーと出し合いました。取引先と交渉する中で、取引先からも価格低減のための提案(まとめ買いや先払い)を引き出したので、次にこの条件を財務のメンバーと相談し、取引先の要求に応じることができるように調整を行いました。結果として、大幅な価格値引きを獲得。成果を出せたこともうれしかったですが、何より社内外の関係者の協力を引き出し、みんなで原価低減という目標に向かって課題をクリアしていく過程が楽しかったです。また、中東圏の取引先とコミュニケーションを深め、支払い延伸交渉がうまくいったことも、自分に自信を与えてくれる仕事でした。

今後の目標

現在は、継続取引の案件をメインで担当していますが、今後は新規の案件にもチャレンジしていきたいと考えています。そのため、契約交渉のスキルを高める必要があると考えています。また、税金や輸出入に関する手続きが複雑なので、経験を重ね、もれなく効率的に行えるようにしたいです。

現在、2人の子どもの子育て中なのですが、保育園にお世話になりながらも、できるだけ自分で子育てをしたいという気持ちがあり、これまで短時間勤務やフレックス制度を活用してきました。突発的な発熱でお休みをいただくこともあるのですが、今も仕事を続けることができているのは上司や同僚のフォローのおかげです。まだ子どもが小さいのでしばらくは限られた就業時間での勤務を希望しておりますが、仕事の事前処理を行うほか、より一層効率を上げて成果が出せるように努力したいと考えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

主に子ども中心で過ごします。近所の公園にお出かけすることが多く、同じ保育園のお友達家族と一緒に遊ぶことも。時々、夫に子どもたちをみてもらい、自分だけの時間を過ごすこともあります。映画が好きなので、土曜日の夜、子どもたちが寝たあとにDVDを見るのが自分にとってのリフレッシュです。

写真は夫が勤める日立秦野工場での夏祭りのひとコマです。日立は家族で参加できるイベントも年に数回あるので、夜の飲み会に参加できない分、積極的に参加しています。

一日のスケジュール

9:00 出社・メールチェック・発注・支払・精算処理
11:00 新規製品開発に関する社内打合せ
12:00 昼食
13:00 資料作成
15:00 海外取引先との電話会議
16:00 議事録作成、社内展開

同じ職種の先輩