本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

小野

「人づくり」「組織づくり」から事業の成長に貢献できる点がやりがいです

入社動機

私は大学の企業説明会で日立に興味を持つようになりました。企業説明会に参加するまで、日立に対して「家電」のイメージしかなかったのですが、説明会を通して、社会インフラ事業に強みを持つ会社であるということを知りました。

大学時代に1年間、アメリカへ留学したとき、アメリカは日本よりもインフラが整備されておらず、初めて日本の社会インフラの質の高さに気付きました。その時から、社会インフラを手がける日本の会社で働き、世界中に高品質な社会インフラを広めたいと強く思うようになりました。いくつかの会社に興味を持ちましたが、水や電力から鉄道やITに至るまで幅広く社会インフラ事業を展開している点に惹かれ、日立を志望しました。

仕事内容

私が担当する業務は、事業部が事業戦略を達成するために、人員計画を策定し、それに沿った人財施策を実施することです。人員計画を策定するには、必要となる人員数に加え、スキルや経験、年齢構成などについて検討します。また、その人員計画に沿って、採用や人財配置、教育などといった人財施策を実行します。

しかし、IT分野の急速な発展に対応し、お客様のニーズに応えるため、私たちの事業部の戦略も変化していきます。また、その変化に対応するために、人員計画もタイムリーに見直していく必要があります。人員計画の見直しには、事業部がグローバルに事業を展開したり、新しい事業を生み出したりするためには、今いる人財をどのように配置し、活用していくかという視点も大切です。
事業を成長させて日立が他社に勝つために、「人づくり」「組織づくり」の面で貢献していけるよう、日々業務に取り組んでいます。

仕事の面白さ・醍醐味について

担当業務を通して、人事としての専門性を高め、事業の成長に貢献していくことが、私にとっての仕事のやりがいです。
今、私は人員計画の策定や人財施策の検討・実施を担当しています。そのためには、労働関係に関する法律などをはじめとする人に関する幅広い知識・知見や、IT業界に関する知識が不可欠です。また、事業部の経営層の意見をヒアリングし、事業部の方向性について把握したり、社員の声を聞きながら職場の実態について確認したりすることも必要です。さらに、これらの知識や意見を集約し、最善策を検討しなければなりません。難しいと感じることもありますが、自分自身を成長させるチャンスと捉え、現在の担当業務をやり遂げ、人事として事業の成長に貢献していきたいです。

仕事で苦労する点について

人事総務の仕事は、社員のキャリアや人生に大きな影響を与える責任重大な仕事だと感じています。
業務に取り組む時は、その対象となる社員に加え、その向こう側には家族一人ひとりの生活があるということを常に意識して、真摯に対応するようにしています。また、社員から何か問い合わせがあった時には、できる限り職場に足を運び、会って話をするように心がけています。直接会話をすることで、メールや電話では伝わらない微妙な表情や雰囲気を捉えることができ、社員が本当に困っていることに対して正確に対応することができるからです。

これからも社員一人ひとりに対して真摯に対応することを心がけて、仕事に取り組みたいと思っています。

印象に残っている仕事やエピソード

入社1年目の冬、2014年度新卒採用のために3カ月間、採用活動に参画した経験が印象に残っています。日本全国の大学で、日立のPR活動を行いました。自分自身が採用活動を行なう立場になったことで、学生に日立を知ってもらい、さらには日立に入りたいと思ってもらうためには、時間や労力がかかるということを学びました。

今後の目標

人事総務のプロフェッショナルとして、人財の面で日立の成長に貢献していくことが今後の目標です。より多くの知識や経験を積み上げるために、日々の業務一つひとつに真摯に取り組んでいきたいと考えています。また、日立内の制度だけでなく、法律やITに関する知識を身に付け、また、国内・国外を問わず、他社ではどのような人財施策を実施しているのかを学んでいきたいと思います。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

週末は、大学時代の友人と会います。おいしいお店を探してご飯を食べに行ったり、天気のいい日は公園へピクニックをしに行ったりします。気のおけない友人とのんびりと過ごして、リフレッシュしています。また、友人が仕事などで頑張っている話を聞くと、私も頑張ろう、という気持ちになります。

一日のスケジュール

8:00 出社。メールチェック、一日のスケジュールの確認
9:00 部内の打合せ。各業務の進捗状況の確認、課題の共有を行なう
11:00 職場からの問い合わせ対応やメールへの返信
12:00 昼休憩。同僚と社員食堂で昼食
13:00 グループ会社の人事担当者との打合せ。共同で進めている案件の情報共有
15:00 デスクワーク。翌日の打合せに向けた資料作成
18:00 退社

同じ職種の先輩