本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

中山

無事に製品を世に出すことができる喜びは<br />「それまでの苦労を忘れる」ほど感動的です

入社動機

就職活動時からエレベーターに興味を持ち、この業種を中心に就職活動を行いました。
選考が進み、先輩社員と会話をする中で、日立で働いている方の仕事への意識の高さや情熱に惹かれ、本当に楽しそうに仕事をしていると感じ、この会社で働きたいと思いました。

また、私のやりたい仕事や就職への不安・悩みを真剣に聞いていただけ、適切なアドバイスを下さったことで、人を大切に考えてくれる企業であるとも感じ、入社を決めました。

仕事内容

エレベーターの安全装置機構系開発業務を行っております。

エレベーターは通常運行中でも安全な乗り物ですが、万が一の故障が発生した際でも乗客の安全を守るために、さまざまな安全装置をエレベーターには備えております。

近年は海外を含め、建物の高層化が進んでおり、エレベーターも高速化、大容量化が進んでおります。安全装置もこれら高速・大容量下でも乗客の安全を守る新構造・新素材の開発を行っております。

仕事の面白さ・醍醐味について

自分で開発した製品が形になって、出荷することができる瞬間が一番の喜びです。

新しい製品を生み出す時は大きな苦しみを感じることがあります。実験での失敗や検討不足に頭を抱える時もあります。しかし、上司・同僚の助けもあって、無事に製品を生み出し、世に出すことができる喜びは今までの苦労を忘れるくらい感動します。

仕事で苦労する点について

グローバル製品の標準化として、製品を開発する際に、後に海外展開(現地生産・現地使用)することを想定して開発を行います。しかし、地域により製品規格や、部品の入手性が異なるため、適用地域の情報を正しく入手することが必要となります。そのため、現地設計者と連携し、製品開発の作りこみを心がけております。

印象に残っている仕事やエピソード

海外駐在中に現地向け製品の開発責任者として業務をしておりました。始めは現地設計者との考え方・働き方などの文化の違いから、なかなかうまくいかず空回りばかりでした。
しかし、開発チーム内で「会話」の重要性をモットーに仕事を進めることで、徐々にお互いを理解し、意見を尊重し合えるようになりました。この結果、私なりにはいい製品開発ができたのではないかと感じております。

今後の目標

お客様に愛される製品を開発すること。また、開発した製品で社会に貢献することです。

縦のインフラであるエレベーターを日常的にお客様に利用いただき、喜んでいただいただけること。また、これにより社会に貢献できていると感じることを常に思いながら仕事しています。

オフの過ごし方

休日は家族との時間を大切にしています。

幼少の娘と息子がおり、娘は動物が好きなため、動物とふれあえるところへ、また、息子は乗り物が好きなため、車や電車の試乗体験などができるところに出かけます。

日ごろの疲れも、笑顔になる子どもにより心を癒やされております。

一日のスケジュール

8:00 出社後にグループ内ミーティング。1週間の出張不在、重要会議、開発テーマ毎の進捗を共有する
10:00 デスクワーク。図面検討、検討資料の作成、実験計画の策定など
12:00 昼休憩
13:00 試験場にて実験。検討結果、実験計画通りにうまくいくかの実証試験
16:00 データ整理後ミーティング。試験結果を踏まえた反省ミーティングを行う
18:00 退社

同じ職種の先輩