本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

松本

広く社会に利用される点とアイデアを自由に出せる環境であることが<br />今の仕事の面白さです

入社動機

日立製作所の都市開発システム社を知ったきっかけは、就活中のHitachi Squareへの参加です。最初は建機に興味があったのですが、各ブースの紹介を見る中で昇降機(エスカレーター、エレベーター)に強く興味を持ちました。

志望理由は、とにかく分かりやすく動いている機械が好きだったこと、嗜好性の高い製品より身近で役立つ製品開発に携わりたかったことの二つでした。

仕事内容

エスカレーターとオートライン(動く歩道)の開発業務、特に駆動システム関係を担当しています。

実際の業務では、開発テーマの提案・計画、装置構成やシステムの全体検討、強度計算や部品選定などの詳細検討、試作品の評価、量産対応といった、製品開発の初期〜市場投入までの全工程に携わることになります。

お客様の定義はさまざまですが、最も多いお客様は、スーパー、ショッピングモール、駅、空港など、公共設備の利用者の方です(もちろんこのサイトをご覧になっている方も)。また、建物を管理される管理会社の方もお客様ですし、エスカレーターを保守するエンジニアや、エスカレーターを販売する営業部門も開発者にとってはつながりのあるお客様です。お客様のニーズを今よりも多く満たせるような、安心、安全で使いやすく、環境にも優しいエスカレーターを継続して提供することが、開発担当としての役割だと考えています。

仕事の面白さ・醍醐味について

「自分の扱っている製品を誰もが利用していること」、「アイデアを自由に出せる環境であること」、この2点が自分にとって大切ですね。

エスカレーターは、多くの方々が当たり前のように毎日利用している製品です。製品を利用いただいている状態を自分の目で見ることができるので、自分の仕事が社会の役に立っていると実感することができます。さらに、誰もが利用する製品なので、身近な人から利用者の声を直接ヒアリングすることもできます。これは私が仕事のモチベーションを保つ上での大切なポイントです。

また、新製品の開発が業務なので、自分が考えたアイデアを職場内で自由に話し合える雰囲気があります。さらに将来製品化の可能性があるアイデアは特許として提案することもできます。グループメンバーのサポートのおかげで、2013年度には「日立若手発明者トップ50」という日立グループ全体での表彰を受賞することができました。

仕事で苦労する点について

他部署や社外の方との交渉は、毎日のように苦労しています。

それぞれに違った考え方や想い、立場がありますから、自分の思った通りに進むことのほうが珍しいですね。例えば、開発としては「今までにない新しいものを!」とまずは考えるのですが、製造部門からは「作りやすい構造にしてほしい」、保全部門からは「メンテナンスが簡単な製品」、調達部門からは「短納期で安定調達できる部品を選んで」など、部署毎の重要視するポイントが異なります。多くの要望を取り込みながら目的・目標を達成するために、客観的な視点を持つ意識、コミュニケーション力やバランス感覚をもっと鍛えていく必要があると感じています。

印象に残っている仕事やエピソード

配属されて最初に担当したエスカレーターの取扱説明書の作成はいい経験だったと思います。説明書を作成する上では、エスカレーターの技術的な内容だけでなく、メンテナンス内容や関連法規などの情報をも集める必要があり、その際に学んだ知識は今でも役立っています。また、いろいろな情報を集めるために多くの先輩方と会話する機会もあり、さらには打合せで課長クラスの方々と直接面識を持つことができたので、社内の人脈作りという点でも貴重な経験だったと思います。

今後の目標

「自分の成長」と「社会への貢献」のサイクルを回し続けることです。

今より少しでも成長すれば新しい価値を生み出して、社会にもう少し貢献できると思います。貢献できたことの実感を自信やモチベーションに換えて、次の成長につなげていく。このサイクルを回し続けて、少しずつ新しい社会を実現できたら楽しい人生になりそうだなと思っています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

自転車(ロードバイク)、スキー、登山など、会社に入ってからはアウトドアな過ごし方が多いですね。

仕事中はデスクワークの時間も長いので、休日は体を動かして気分をリフレッシュしたい気持ちが強くなります。ロードバイクを分解して四国まで旅行に行ったり、東京〜仙台を一人旅してみたりと、自由気ままに楽しんでいます。登山やスキーのときは大学の友人と集まることが多いので、お互いの近況を話したりするのもいい刺激になりますね。

一日のスケジュール

8:00 出社、メールチェック、朝礼
10:00 品証部門との試験打合せ
12:00 昼休み。食堂で同期と昼食
13:00 試作品の評価試験
17:00 試験データ分析、今後の対応検討
21:00 退社

同じ職種の先輩