本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

高木

携わった製品が、海の向こうで多くの人の生活を支えている <br />その姿を目の当たりにした時の感動は忘れられません

入社動機

就職活動中、大学OBの方々の話を聞く機会があり、その際に熱く夢を語ってくださった方が、日立で鉄道関係の仕事をされていたということが、日立の鉄道に興味を持ったきっかけでした。日立の鉄道を調べていくと、車両、信号、駆動装置など、鉄道システムを一手に担うことのできる会社であることが分かり、もし自分がその一員となったら、大きな仕事で社会に貢献でき、さらにOBの方のように後輩に夢を語れるようになるのではないかと思い、日立を志望しました。

仕事内容

国内の鉄道事業者様や海外の車両メーカーに納品する鉄道車両用駆動用制御装置のハード設計を担当しています。ハード設計は、お客様との間で決定した仕様に基づき、部品の選定を行い、材料力学などの知識を活用しながら3D-CADを使用して装置の設計をし、さらには、強度などを事前に確認するためシミュレーションを実施し、検証するのが主な仕事です。鉄道は、重要な社会インフラの一つであり、さらに利用されているお客様にとっては、時間通りに動いて当たり前と思われているように、常に高い次元での要求がある交通手段です。私はそのような鉄道を支える、まさに縁の下の力持ちとして、日々責任感を持って仕事をしています。

仕事の面白さ・醍醐味について

ハード設計の醍醐味は、自分の設計したものが形としてできあがり、自分の目で見られ、手で触れることができること。さらに、駆動用制御装置の場合、踏み切りやホームで自分の担当した装置を見ることができ、自分の仕事が社会に貢献しているということを、身近で感じることができるという点です。

仕事で苦労する点について

鉄道車両用駆動用制御装置のハード設計に必要な知識というと、機械工学系の知識(材料力学、熱力学など)と思いがちですが、実際には電気系の知識や材料系の知識といった、違う分野の知識も必要となります。このため、新しい知識を得るための日々の勉強や、それにより得た知識や深めた知識を、いかに反映してより良い装置を設計していくのかなど、日々考えながら仕事をし、成長し続けることが大変な点です。

印象に残っている仕事やエピソード

初めて担当した海外の案件が一番印象に残っています。最初から最後まで英語と格闘し、さらに国内案件では考えられないようなタイミングで構造の変更要求がでてきたり、想定外の連続でした。しかし、関係部署の協力を得て、一つひとつ問題を解決し、最後、お客様の立会いでOKをもらった時、さらに営業投入後、現地に出張に行った際、社会の中に溶け込み、多くのお客様を運んでいる姿を見たときの感動は、今でも忘れられません。

今後の目標

鉄道メーカーとして、国内のみならず世界に、日立という名前が認知されるよう、より良い製品を設計し、社会に送り出していきたいと考えています。そして、世界中で日立の製品が活躍し、多くのお客様を運んでいる姿を自分の目で見られるよう、関係部署と協力し、引き続き頑張っていきたいと思います。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

年に一度、住んでいる町で開催される野外ライブに、9年連続で参戦しています。真夏の太陽の下、全身で音楽を感じ、ときには若い人に混じって動き回ったりと、1日で1年分の運動をしています。おかげで翌日は、筋肉痛や誰が見ても野外ライブに行ったと分かるくらいの日焼けのため、毎年大変です。

一日のスケジュール

8:40 出社&朝礼
8:45 メールと1日のスケジュール確認。今日やる仕事の優先順位を決定
9:00 設計業務。担当している案件の設計だけでなく、一緒に仕事をしている人に指示を出したり、設計の相談にのったりもしています
11:00 グループミーティング。個人で持っている情報を共有し、グループ全体でスキルアップを図っています
12:15 昼食。同期や先輩と雑談しながら食事、貴重な息抜き時間
13:00 工程打合せ。関係部署の人が集まって、納期までの工程確認。工場全体で納期どおり製品を納められるよう、協力してやっています
14:00 設計業務。製造部や品証部からの問い合わせがあったら、現場へ行って実際に製品を確認。いろいろ話を聞いて、設計に役立ててます
18:00 設計業務。審査する書類や図面がたまっています。極力、その日の仕事はその日のうちに
19:00 設計業務。今日やる予定の仕事を終わらせるために、ラストスパート
21:30 退社。時々週末は、気の合う仲間と軽く一杯。1週間頑張ったご褒美
22:30 帰宅。テレビを見たり、本を読んだり。リラックスした時間を過ごしてから、就寝

同じ職種の先輩