本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

藤田

会社情報を見る

技術力だけでなく交渉力など、さまざまな能力を身につけて<br />成長できると思い入社しました

入社動機

私は小さな頃から機械の分解や組み立てを行うことが好きで、好きなことを仕事にしたいという思いがありました。就職活動にあたり、はじめは漠然としたイメージから機械に携わる仕事として設計職を考えていましたが、会社説明会で当社を知り、サービスエンジニアという仕事に興味を持ちました。

当社のサービスエンジニアは機械を点検したり修理するだけではなく、お客様と直に接点を持つことができる利点を活かして、現場のニーズを汲み取り、より効率的な製品への入れ替え(リプレース)や省エネシステムのご提案ができる幅広さがあり、そこに強く惹かれました。また、高い技術力によりトップシェア製品も多数有しており、技術者としてやりがいのある環境だと感じました。さらにサービスエンジニアはお客様とのやりとりが多く、技術力だけでなくコミュニケーション力や交渉力など、さまざまな能力を身につけて自分が成長できる可能性が高いと感じたこともこの会社に入社を決めた理由の一つです。

仕事内容

私の部署では工場の生産設備の動力源として広く使われている産業用空気圧縮機(コンプレッサー)の保守・点検や修理、その他アフターサービスを行っています。その中で私は相模事業所で生産しているベビーコンプレッサー(通称ベビコン)と呼ばれる小型の空気圧縮機を担当しています。空気圧縮機は工場の他に身近なところでも活躍の場がたくさんあります。例えば、ガソリンスタンドでタイヤに空気を入れるエア源となったり、歯科医院で治療時に口内に空気を送るためのエア源などさまざまな場所で使用されています。

仕事の面白さ・醍醐味について

製品を使用しているお客様の声を直接聞けることです。当社は製造から販売、サービスまでを一括で行うことができるので、社内にはさまざまな職種の人がいますが、実際に製品を使用しているお客様の声を直接聞くチャンスが多いのが私たちサービスエンジニアです。特に、困っているお客様の下へ駆けつけ、迅速な対応を行ったあとに「ありがとう」という言葉をいただいた時はすごく励みになります。

また、お客様が現場で感じている製品へのニーズを設計開発部門へつなぐことにより、製品開発に携わることができるのも、当社ならではの魅力だと思います。いずれにしても、お客様とのコミュニケーションがとても大切な仕事だと感じています。

仕事で苦労する点について

特に難しいと感じるのは「お客様との電話対応」です。お客様から機械の修理依頼があった時、正確に状況を伺うことが修理への近道となります。すぐにお客様の下に駆けつけることは誰でもできますが、そこで必要な交換部品がなければ修理ができずに引き返すことになり、結果的に修理までに時間がかかってしまいます。そこで、会話の中から故障原因を想定していくことが重要なのですが、顔の見えない電話では、確認していただきたい事がうまく伝わらない場合もあり難しいと感じています。そのような場合は、お客様の目線に立ち、できるだけ分かりやすく伝える努力をしています。

印象に残っている仕事やエピソード

緊急の修理で先輩社員に助けてもらったことです。当時、私は入社2年目で、機械系出身ということもあり、特に電気回路を苦手としていました。ある日、緊急の修理依頼があり、電気的に特殊なシステムを使用されているお客様を訪問したのですが、その場で故障の原因究明ができませんでした。翌日、再度訪問して調査を行いましたが、それでも解決できませんでした。最終的には先輩社員に同行してもらい解決に至ったのですが、その時に、先輩社員が現場の状況を的確に把握し、経験と技術をフル活用して対応していた姿がとても印象的でした。
自身の未熟さを痛感したのと同時に、その先輩社員のようになりたいと決意を新たにしました。

今後の目標

知識や技術を磨き、空気圧縮機では誰にも負けないサービスエンジニアになることです。また、空気圧縮機は日立の優れた技術によって国内でトップのシェアがあるので、製品の仕組みから設計思想までを熟知して、サービスエンジニアの視点から設計開発に貢献することも目標です。そのために、日々のお客様とのコミュニケーションにおいては、“お客様のニーズや悩みは何だろうか、新しく提案できる省エネ製品はないだろうか”ということを常に意識していきたいと思っています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日はサッカーやバレーボールなどのスポーツや、地域の町内行事などに参加しています。その中でも力を入れているのが地域の町内行事で、私は青年会という組織で会計をしています。組織の中では中間の世代にあたるので、気配りが必要で大変なことも多いですが、幅広い世代の方と接するのはとても楽しいですし、いろいろな人の考え方に触れることもいい刺激になっています。また、他の会社で働いている人と話ができたり、スポーツや食事などのリフレッシュもこの青年会のメンバーで行うことが多く、公私共に支えになっています。

一日のスケジュール

9:00 出社:メール確認および1日のスケジュール確認
10:00 社内業務(見積書作成、報告書作成、作業工程確認、電話応対、etc.)
13:00 外出:調査および巡回にてお客様訪問
16:00 帰社:訪問したお客様のデータ整理および午前中にできなかった業務を実施
19:00 明日のスケジュールを確認して退社

同じ職種の先輩