本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

細貝

会社情報を見る

日々求められるサービスが変化・進歩することが仕事の面白さだと思います

入社動機

情報系の学科にいたため、就職活動ではIT系の企業を中心に応募をしていました。しかし情報系といっても幅が広く、在学中は開発などの技術ではなく、IT技術を活用し新しい価値を考えていくことを学んでいました。その中で当社に決めた理由は、社名にもある通り「ICT」として、従来の「IT」よりも一歩進んだ価値が提供できるのではと考えたからです。また日立グループという大きな基盤もあり、各グループ会社の方々との関わりの中で、幅広くサービスを提供する体制がある事にも魅力を感じました。

仕事内容

私の仕事は日立の情報漏洩防止PC(セキュリティPC)の運用です。日立グループ内のエンドユーザーと提供元である日立製作所内部署との橋渡し的役割を担っています。エンドユーザーからの申請要求に基づいて各部署への発注手続きや、故障などの利用におけるトラブル発生時のヘルプデスク業務も行っています。また、新しいサービスのリリースや仕様変更などでサービスの提供に影響が発生しないように事前対処を行ったり、業務効率化のための改善案の考案にも着手します。

仕事の面白さ・醍醐味について

現在の仕事の面白さは、日々求められるサービスが変化するという点にあると感じます。エンドユーザー毎におかれている状況や抱えている問題が異なり、また、提供するサービスも日々進歩していきます。そのため、それに合わせて私たちも学び改善し、臨機応変に対応をしていくことが求められます。業務自体は陰でサポートをすることが中心となるため、エンドユーザーから直接評価をいただける事は少ないですが、常に新しい事を考えて提案することができる面白さはこの現場でしか得られないように感じます。

仕事で苦労する点について

サービスを提供するにあたり、ユーザー目線で考えるという点に最も苦労します。基本的な事のようですが、日々業務を行っていると運用ルール目線の業務になりがちです。当然取り決められている運用上のルールもあるため、頂いた要望に100%応えられるわけではありませんが、どのような形で提供すればユーザーの期待に最も応えられるのかという点を、常に試行錯誤しながら取り組んでいます。

印象に残っている仕事やエピソード

印象に残っているのは、ヘルプデスク業務にて状況が複雑な案件に関わった時の事です。質問としていただいている専門用語の理解ができず対応に苦慮し、指導員の先輩やエンドユーザーに非常に迷惑をかけてしまった事がありました。以降同じような失敗がないよう、業務の合間をみて関係資料を集めて徹底的に知識を深めたり、先輩たちへ質問をすることで知識の幅を広げていきました。今でもユーザーからの申告で改めて学ぶこともありますが、この経験は自ら情報を収集していく習慣をつけるいいきっかけとなりました。

今後の目標

この業務に就いて3年目という事もあり、サービスに対する知識はもちろんの事、業務の経験則も増えてきました。今後は自分が培ってきたこういったノウハウをアウトプットするという事を目標としています。そのためにはまず、担当作業の手順書の整備やノウハウをドキュメントなどの見える形に起こし、複数人で共有できるようにしていく事が大切と考えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日は主にスポーツなどで積極的に体を動かし、心身のリフレッシュをはかっています。中学時代から続けているテニスと、大学時代から始めた自転車などに時間をあてています。また、体を動かすばかりではなく、旅行に出かけるなど、体を落ち着かせ休める時間も大切にしています

一日のスケジュール

9:00 出社。メールチェック。スケジュールの確認
10:00 前日受付分の申請受付処理。作業の合間をみてヘルプデスク業務
12:00 昼休憩
13:00 メールチェック。日立製作所へ提出する申請書の作成。合間をみてヘルプデスク業務
15:00 各種手順書の整備。日立製作所作業部署からの作業完了報告の受領確認。各申請者への作業完了報告
18:00 退社

同じ職種の先輩