本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

眞田

経営管理という仕事を通じて、財務的視点のみならず、<br />経営的視点、技術的視点など学ぶことの多い日々を過ごしています

入社動機

学生時代は会計士の資格の取得をめざしていましたが、たまたま参加した大学主催の短期留学プログラムを通じて、グローバルに働きたいと思うようになりました。海外の方々と会話することでさまざまな価値観に触れることができ、学ぶことが多かったからです。

また、その後途上国を旅行したときに、電車が走っていない地域や電気・水道などが通っていない地域を見るうちに、日本には当然のようにあるインフラの重要性を感じ、インフラ事業に携わりたいと強く思うようになりました。そこで、海外(特に途上国)でインフラ業務に携われるメーカーや商社に興味を持ち、その中でも特に幅広い事業を展開しており、自分の希望する仕事ができるチャンスが多いと思い日立を志望しました。

仕事内容

海外経営管理部で、昇降機(エレベーター・エスカレーター)の輸出事業及び海外拠点の業績管理と大規模案件の受注決裁を行っています。各海外拠点は年度初めに受注計画や損益計算書・キャッシュフロー計算書などの業績計画を策定します。その際、マーケット環境や各拠点でのコスト削減計画や開発計画などさまざまな情報を織り込みます。一定期間ごとにその計画と実績を比較し、計画通りで無い場合は原因の追究、改善施策の立案と実行を行います。受注計画を例にとると、各生産拠点には生産台数のキャパシティーがあります。それを大幅に上回れば、作業が滞りお客様の要求納期に間に合わず迷惑をかけてしまうことになります。一方で大幅に下回れば、工場の稼働率が下がり、利益を圧迫することになります。そこで海外経営管理部は、生産拠点と営業部門の間に立ち、最適経営のための適切な受注計画の策定とその受注量を確保できるようサポートしています。

仕事の面白さ・醍醐味について

海外経営管理部には、各海外拠点の業績を俯瞰的に見て考察することが求められるため、さまざまな視点を学ぶことができます。私は以前財務部門に4年近く所属していたため、原価計算やキャッシュフローなど財務的視点を学ぶことができました。現部署でその財務的な視点を用いて積極的に問題の把握や改善施策の提案をしています。

しかし経営管理業務は財務的視点のみならず、経営的視点、技術的視点、マーケット視点なども必要とされるため、部内はもちろん営業部門や設計部門などその他さまざまな部門の方とコミュニケーションを積極的に取り合う必要があり、学ぶことの多い日々を過ごしています。

仕事で苦労する点について

業績計画と実績との距離感を常に把握し、問題があれば早急に対策する必要があるため、前述の通りコミュニケーションによる情報収集はもちろん、その情報の迅速な整理と、意思決定が必要とされます。

例えば計画していなかったお客様からの受注引き合いがあった場合、生産拠点のキャパシティーはもちろん、お客様の要求に対し技術的に対応可能か、業績への影響(売上高や製品の原価など)、日立ブランドの向上など戦略的意味合いがあるか、などの視点で考察し、受注するかどうかを決定します(実際の意思決定は上位者が行いますが、意思決定に必要な情報の整理及びこれに基づく提案が必要です)。

お客様の回答要求まで期間が短い場合は、この考察を数日で行わなければなりません。このように経営管理の業務はさまざまな情報を迅速に収集・整理することが求められるため、醍醐味でもありますが、最も苦労する点です。

印象に残っている仕事やエピソード

海外の拠点との業務フローで、日本との業務のやりとりの中で繁雑なものがあり、改善したいとの要望がありました。そこで、まず先方と打合せを行い、問題がどこにあるか確認しました。その後、その問題に対して日本側から、その拠点の業務を大幅に効率化できると考えられる提案をしました。しかし、その提案はその拠点の欲していたものとは異なっていました。原因は、私がその拠点側の業務を全く理解しておらず表面的な解決策しか提示できていなかったこと、英語の議論に慣れておらず聞き取れなかった部分に関して勝手な推測をしてしまったことにありました。そこで再度打合せを行い、先方の業務に関する理解を深めることで、その拠点側に受け入れてもらえる提案をすることができました。この出来事をきっかけに、コミュニケーションの重要性を再認識することができました。

今後の目標

現部署に来て9カ月経ちますが、まだまだわからないところが多く、日々勉強が必要だと痛感しています。特に大学時代は主に経済学や会計学を学んでいた私にとって、製品知識などの技術的な知識や、地域ごとの事業特性などマーケット知識や考え方が課題だと思っています。なるべく多くのことを吸収し、各生産拠点の業績管理が一人前にできるようになりたいと思います。

また、将来は海外の拠点に駐在し、その拠点の事業の考え方を理解し、ひいてはその事業の方向付けに携わることができるようになりたいと考えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

週末の過ごし方はまちまちですが、家にいることがあまり得意ではないので、なるべく出かけるようにしています。最近始めたゴルフの練習をしたり、友人とアウトドアに出かけたりしています。また長期休暇は、海外旅行をしています。旅行でもあまりのんびりせず、積極的に観光地に行くようにしているため、休み明けは逆に疲れていることもあります。

一日のスケジュール

8:00 出社。メールチェック及び本日の業務内容の予定を立てます
9:00 各海外拠点の損益計算書などの業績資料の分析をします。疑問点があれば担当者に確認します
12:00 昼食。主に社食を利用します。気分を変えるため近くのレストランを利用することもあります
13:00 社内打合せ。輸出事業の各案件の工程(受注から製品の船積みまで)を一貫して把握・シェアします
17:00 海外事業統括本部内で行われる会議資料の作成をします
19:00 退社。退社時間は時期によって異なります。22時前後になることもあります

同じ職種の先輩