本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

川瀬

会社情報を見る

自分の過去を振り返ってみても早い段階で責任ある仕事を任せる会社だと思います

現在の仕事内容

新潟県の加茂事業所が職場です。担当業務は、トランスミッションのコントローラーユニットのハード仕様設計と、その制御プログラムの設計です。コントローラーユニットは、変速を自動制御するとても複雑かつ重要な機構です。私が設計・開発に携わった製品は、船舶や鉄道のほか、消防車などの特殊用途車両の変速機に導入されています。ハードの仕様やプログラムの設計は自社で行っていますが、それを基に回路や基板の製造を外部委託するのも業務の一環です。顧客と打合せを重ね、1案件につきおよそ3〜6カ月の作業期間を要します。

印象に残っているエピソード

入社2年目に、鉄道向けハイブリッドシステムを備えたトランスミッションの開発に携わったことです。当時、ハイブリッドトランスミッションは鉄道業界でまだまだ実験的な試みで、業界からも注目されていた分野でした。まだ新人の自分が開発チームに加わることができ、とても興奮したのを憶えています。新規の案件だったので、実際に車両に乗り込み、試験走行にも立ち会いました。夜間に実際の路線で走らせる試験が2週間ほど続き、体力的に大変だったのですが、試験走行、チューニングを繰り返した末に、初めて顧客の仕様通りに動いた時は、とても感動しましたね。これまでの苦労がすべて報われた瞬間でした。残念ながらすぐには製品化に至りませんでしたが、あの時の経験は大きな糧になり、成長につながったと思っています。

現在は別案件で、量産化を視野に入れた新しいハイブリッドトランスミッションの開発にも携わっています。

こんな人が向いています

「好きこそ物の上手なれ」というくらい、鉄道・船舶などを動かすことに興味を持っている人は向いていると思いますが、一番は好奇心旺盛な人ですね。

私の経験から、機械設計やプログラム開発については基礎レベルの専門知識があれば、問題ありません。私自身も入社当初は、分からないことだらけで、毎日参考書を引いたり、先輩からアドバイスをもらっていました。技術の習得制度も確立されているので、学びながら働くことができます。

会社の良いところ

若手でも、比較的早い段階で責任のある仕事に関わらせてくれるところです。私のハイブリッドトランスミッションの案件がいい例ですね。上司や先輩も若手に経験を積ませるために、さまざまな仕事を担当させてくれます。

オフの過ごし方

仕事柄、机に向かうことが多いので休日はなるべく体を動かしたり、外に出るようにしてリフレッシュしています。私の勤務する加茂事業所は新潟県にあるので、冬にはウインタースポーツも楽しんでいます。繁忙期には休日に出勤することもありますが、友人と会ったりするなどして、気分転換しメリハリをつけるようにしています。

同じ職種の先輩