本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

日本であっても、海外であっても臆せず挑むことができる「意志」と「覚悟」のある人財を求めています。

【1】柔軟な頭で、物事の全体像を捉えられる人財(思い込みで視野を狭くしないこと)

様々な年齢・背景・価値観の人が働く会社で様々なお客様やパートナーと仕事をする中では、今まで自分が信じてきた常識・価値観が通用しないことも多いものです。
そんなときには目の前にある事実を客観的に捉え、柔軟に物事を考えなければ、前には進めません。

【2】あらゆる人に心を開き、心を開いてもらえる人財(自分の殻に閉じこもらないこと)

様々な年齢・背景・価値観の人が働く会社で様々なお客様やパートナーと仕事をする中では、どんな人とも向かい合っていかなければ、仕事にはなりません。
自分とは合わないから、自分とは価値観が違うからといって、自分から相手との間に壁を作っていては仕事が進まないのです。

【3】常に自分の意志を持ち、それを明確に示せる人財(他者に遠慮・尻込みしないこと)

相手の意見に合わせたり、聞いたりしているばかりではビジネスは成り立ちません。
状況に応じて、どのような相手であっても、意見を主張していかなければならないときもあるのです。

【4】困難に立ち向かい、最後までやりとげられる人財(壁にぶつかっても意欲を失わないこと)

様々なお客様を相手にして、パートナーと国内外問わずビジネスを展開していく中では、困難な課題に直面することも多いものです。
しかし、いかに困難なこと・前例のないことであっても、それに逃げずに立ち向かっていかなければ成果を上げることはできません。