ページの本文へ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ新卒採用

INFOGRAPHICS 数字で知る日立

ONE'S ONLY

1910年。日立の源流は、激動の明治時代に生まれた青年エンジニアの大志に遡ります。
彼の名は小平浪平。「自らの力で電気機械を製作したい」という学生時代から
抱いていた熱い想いによって、日立は誕生したのです。

日立のあゆみ:
http://www.hitachi.co.jp/IR/personal/history/index.html

グループ連結売上約10兆円

※連結子会社数:914社(2016年12月31日時点)

100

を超える国と地域で、
事業展開。

グループ企業900社

グループ従業員数約34万人

※連結従業員数 335,244名(2016年3月末日現在)

各事業部の売上比率

事業部門別売上収益構成比 ※2016年3月期連結IFRS

※事業部別売上収益/構成比 ※ 2016年3月期 連結IFRS

10の事業セグメント

社会インフラをはじめ幅広い分野の事業をグローバルに展開している日立。
日立は、グローバルな企業市民として、
経済的価値と社会的価値を同時に創造することで
社会課題を解決し、サステナブルな社会の実現に貢献したいと考えています。

  • 情報・通信システム情報・通信システム
  • 社会・産業システム社会・産業システム
  • 電子装置・システム電子装置・システム
  • 建設機械建設機械
  • 高機能材料高機能材料
  • オートモティブシステムオートモティブシステム
  • 生活・エコシステム生活・エコシステム
  • その他(物流・サービス他)その他(物流・サービス他)
  • 金融サービス金融サービス
  • その他その他

年間1,000人

日立グループ全体で、年間1,000人を研修の一環で海外へ送り出しています。将来的には、海外業務研修や留学、海外赴任等にチャレンジしてもらいたいと期待しています。

海外売上比率50%

研究開発費5000億円

2016年度以降の研究開発費を、2015年度見込みより約3割増やし、年5,000億円程度に。
センサーや人工知能、ロボットに集中投資する。

1年の特許取得数1,240件

2015年の特許取得件数は1,240件にも上り、その出願範囲は多分野にまたがっています。

グローバル・
イノベータ・アワード
4年連続受賞

トムソン・ロイター社TOP100グローバル・イノベータ・アワードを4年連続受賞(2014年実績)

ビッグデータ関連
技術出願ランキング
2位

1位はIBM、3位はマイクロソフト
出典:平成25年度「特許出願技術動向調査報告書(ビッグデータ)」特許庁編

2,000人の「変仁」?! 2,000人の「変仁」?!

日立には「日立返仁会」という博士号の学位を有する者(在籍者とOB)の集まりがあります。日立創業メンバーの一人である馬場粂夫(くめお)博士が、後進の育成にあたり博士号の取得を奨励したことに端を発しています。※馬場博士の持論「凡人、才子にあらず変人たれ!」ということばから「変人会」と称しましたが、1959年に現在の「日立返仁会」に改称されました。

日立返仁会とは:
http://www.hitachi.co.jp/rd/henjin/outline/whats_henjin/

PAGE TOP