卒業学部学科系統
  • 機械工学系
  • 電気・電子
    ・通信工学系
  • 情報工学系
  • 化学系
  • 物理学系
  • 数学系
  • 経営工学系
  • 土木工学・建築・
    環境工学系
  • エネルギー
    ・資源工学系
  • その他
事業分野
  • 電力
  • 産業・流通
  • 都市開発
  • 鉄道
  • 金融
  • 公共
  • 情報通信
  • ヘルスケア
  • 家電
  • 自動車
  • 電子装置
募集職種
  • 研究開発
  • 設計開発
  • システム
    エンジニア
  • 生産技術
  • 品質保証
  • 営業技術
  • 知的財産
    マネジメント
  • その他

OUTLINE OUTLINE 概要

未来創造へのチャレンジ - 次なる時代を切りひらく -

日立は社会イノベーション事業を軸にグローバル市場での成長をめざしています。お客さまが抱えるさまざまな課題やグローバルに複雑化する社会課題に対して、幅広い社会インフラの技術とITを組み合わせ最適なソリューションを提供していきます。私たち研究開発グループは、新領域を開拓する技術開発をはじめ、長年培ってきた技術の融合により革新的な製品・サービスの創出に取り組んでいます。世界一の技術をめざし国内外のさまざまな専門性を持った研究者が連携し研究開発を推進しています。「新しいものを創造し、世の中を変えたい」というチャレンジ精神に溢れた方を募集しています。

※研究開発グループの紹介ムービーはこちらをご覧下さい
http://www.hitachi.co.jp/rd/recruit/index.html

深化する9の技術分野

100年に及ぶ日立グループの製品開発の歴史。研究開発グループは、お客さまの期待に応える性能や信頼性を実現するために絶え間ない技術革新を続けてきました。蓄積された技術は「エネルギー」「機械」「材料」「制御」「デジタルテクノロジー」「エレクトロニクス」「ヘルスケア」「システム」「生産」の9の技術分野にわたります。これらの豊富な技術群をさらに深化させ38の技術基盤として確立。
製品の垣根を超えて自在に応用し融合することで、お客さまの課題から導き出された斬新な着想を実現し、革新的な製品やサービスを生みだしています。

※それぞれの技術分野の詳細はこちらを参照下さい
http://www.hitachi.co.jp/rd/portal/area/index.html?kw=CTI

深化する9の技術分野

BUSINESS ACTIVITIES BUSINESS ACTIVITIES 事業領域

  • 電力・エネルギー分野

    発電から利用まで含めたエネルギー・サプライチェーンにおける最先端技術の研究開発を通じ、安全で高信頼なCO2 フリー発電や分散電源含めた協調メカニズム、高エネルギーを利用した放射線治療システムや超電導応用システムまで、幅広いソリューションを創生し、快適で豊かな社会を実現します。

    【主な研究内容】
    エネルギー伝送・管理システム(電力系統の解析・制御、電力流通機器・システム)、エネルギー利用システム(放射線・粒子線治療、超電導)、CO2 フリー発電システム(風力、原子力)

    エネルギー・電力分野
  • 機械・メカトロニクス分野

    機械・メカトロニクスとITを融合した最先端の研究開発により、都市や生活、鉄道や建機、産業をはじめとする各分野の課題を解決するソリューションを創出するとともに、革新的な設計・モノづくりの技術を通じて、ソリューションを支えるプロダクトの性能・信頼性を向上し、より良い社会づくりに貢献します。

    【主な研究内容】
    機械システム技術(鉄道・建設機械・昇降機・空調・家庭電化機器等のシステムインテグレーション)、ロボティクス技術(自動・自律化、深層学習、モーション制御、精密メカトロ)、解析・信頼性技術(熱流体・強度・トライボロジ・振動音響・人流等に関する、計測・高度シミュレーション・AI・アナリティクス、設計工学)

    機械・メカトロニクス分野
  • 材料分野・パワエレ分野

    社会インフラを支えるプロダクトの高性能・高信頼化の実現には、材料・モノづくり技術の進化が欠かせません。材料科学とマテリアルズインフォマティクス技術を融合させた研究開発により、プロダクト進化を支える新材料・デジタルモノづくり技術を継続創生します。また、各種プロダクトへの応用展開により、材料技術で社会イノベーション事業を牽引します。

    【主な研究内容】
    高機能材料(無機材料・有機材料・金属材料・複合材料・生体材料)、シミュレーション(材料、代謝、熱流体、光学、電磁気)、材料プロセス(3D プリンタ、熱処理、接合)、医療関連分析装置、細胞培養プラント、再生医療デバイス、モータ、インバータ、電池等

    材料分野・パワエレ分野
  • 制御分野

    高信頼な自動運転やAIを活用した制御・状態認識・アナリティクスなどのスマートなOT(Operational Technology、制御運用技術)を駆使して、複雑な社会課題を解決するデジタルソリューションをグローバルに提供し、人々のより良い暮らしを実現します。

    【主な研究内容】
    システム制御(プラント・産業機器・鉄道・建設機械・自動車・ドライブシステム)、自動運転制御プラットフォーム(高信頼アーキテクチャ・AI/知能化制御・コントローラ・組込みソフト)、状態認識(AI利活用・センシング・画像解析・アセット管理/保全)、アナリティクス、システムモデリング

    制御分野
  • デジタルテクノロジー分野

    データサイエンス、ストレージシステム、人工知能、メディア処理、クラウドコンピューティングなど、社会インフラを支えるデジタルテクノロジーの研究開発を通じ、社会イノベーション事業の拡大に貢献します。

    【主な研究内容】
    データサイエンス、ストレージシステム、人工知能(機械学習、Explainable AIなど)、メディア処理(画像・音声・言語処理など)、信号処理・人間情報処理、人工知能応用アプリケーション、ロボティクス、サイバーフィジカルシステム、クラウドネイティブ開発・運用管理、ブロックチェーン、OSSコミュニティ活動(Node-RED、Kubernetesなど)

    デジタルテクノロジー分野
  • エレクトロニクス分野

    IoTとAIで安心・安全なスマート社会を実現するエッジコンピューティング、ロボティクスシステム、センシングシステム、AR/VR、更には持続可能なエネルギー環境をめざすパワーデバイスやエネルギー制御、これらエレクトロニクス産業を支える半導体デバイス製造装置や電子顕微鏡など、暮らしや社会を豊かにする研究開発に取組んでいます。

    【主な研究内容】
    エッジコンピューティング、AI・機械学習・信号処理、画像処理、組込AIシステム、ロボティクスシステム、センシングシステム、アナログ・デジタル回路システム、AR/VR、ネットワークシステム、無線通信、パワーデバイス、エネルギー制御、半導体デバイス製造装置、電子顕微鏡

    エレクトロニクス分野
  • ヘルスケア分野

    医療の質向上と医療費適正化に貢献する製品・サービス・ソリューションを創出するため、医療情報、体外診断、画像診断、放射線治療などに関する研究開発に取り組んでいます。

    【主な研究内容】
    医療情報処理・解析技術、バイオインフォマティクス、体外診断技術(血液検査、生体分子検出、遺伝子検査・DNAシーケンサ、細菌検査)、画像診断技術(超音波、MRI、CT、X線、光トポグラフィ)、画像診断支援技術(CAD)、画像処理技術、放射線治療技術、細胞プロセッシング技術、質量分析技術

    ヘルスケア分野
  • システム分野

    社会ニーズの変化を先導して、日立オリジナルのシステムコンセプトを世の中に提案し、そのコンセプトに基づいて、安心・安全・快適な社会を実現する新システム&ソリューションの創出に向けた研究開発に取り組んでいます。

    【主な研究内容】
    社会システム(デジタルシティ、スマートモビリティ、スマートエネルギー、金融/公共システム、鉄道情報制御システム、水道情報システム等)、セキュリティ(サイバー/フィジカル、認証、暗号、バイオメトリクス)、ソフトウェア工学(エンタープライズシステム/組込みシステム開発、仕様検証、テスト自動化)、システムアーキテクチャ(自律分散、ブロックチェーン)、数理最適化技術

    システム分野
  • 生産システム分野

    製造・流通業のグローバルオペレーションを最適化する生産システムと、デジタルを活用した、設計、製造、検査・計測等の先進モノづくり技術の開発に取り組んでいます。IoT時代における製造バリューチェーンの革新をめざします。

    【主な研究内容】
    サプライチェーンマネジメント、生産スケジューリング、ロボットシステム、品質解析、デジタルエンジニアリング、外観検査・計測、材料加工プロセスCAE、高信頼アナログ・デジタル回路実装、電磁障害抑制・低ノイズ回路設計

    生産システム分野

JOB CATEGORIES JOB CATEGORIES 職種紹介

研究開発

事業発展に不可欠な技術開発、特定目的の素材研究や製品に直結した研究、 グローバルなネットワークづくりのための総合的なシステム開発など、R&D部門のエンジニアが扱うテーマは、基礎研究から応用研究まで、きわめて幅広く、クリエイティビティとチャレンジ精神が求められる仕事です。その活動拠点は中央研究所、日立研究所、横浜研究所の国内3研究所を中心に、世界5極(日本、北米(米州)、欧州、中国、APAC(Asia-Pacific))の強化も進めています。

TOPICS TOPICS トピックス

日立の事業を支える研究と、新たなイノベーションの創生をリードする国分寺サイト

国分寺サイトは、「10 年、20 年後を目標とする研究を行うとともに今日の課題にも取り組む」という小平創業社長の理念のもと1942 年に設立されました。以来、透過型電子顕微鏡、トランジ スタ研究、コンピュータ研究に始まる3 つのコア技術(計測技 術、エレクトロニクス技術、計算機技術)を発展させ、エネルギー、半導体、コンピュータ等、日立の大型事業創出に貢献してきました。 現在は、デジタルテクノロジー(人工知能、映像・音声処理、デー タサイエンス、ストレージシステム、クラウド等)、エレクトロニクス(コ ネクティビティ、パワーデバイス、信号処理、半導体、光応用システム等)、ヘルスケア(医療システムやバイオ計測システム等) の新技術創生とともに、オープンイノベーションにも積極的に取り組んでいます。

お問い合わせ先
TEL : 042-323-1111(代)(国分寺総務部 総務ユニット)
担当 : 加藤、小川
E-mail : recruit.chuken.wx@hitachi.com
国分寺サイトの所在地
http://www.hitachi.co.jp/rd/about/location/crl/index.html

日立の事業を支える研究と、新たなイノベーションの創生をリードする国分寺サイト

材料・キーデバイスから社会・生活インフラまで、社会イノベーションを担う茨城サイト

茨城サイトは、1934年創立の研究開発グループの中で最も歴史のある研究所です。気候変動や資源枯渇といった地球規模の課題を解決する革新的な技術を開発し、持続可能な社会を実現しようとの熱い思いに溢れています。 原子力、風力、太陽光などのエネルギー技術、自動車、鉄道、建設機械、昇降機、空調、家電機器のための省エネ、省資源、リサイクル技術、そしてこれらを支える電池、モータ、制御、ロボティクス、新材料などが代表的な研究分野です。世界各地で進められているビッグプロジェクトの成功に向けて、材料からシステムまで多様な専門分野を持つ研究者が力を合わせて新技術の創生に取り組んでいます。

お問い合わせ先
TEL : 080-2335-5275(茨城総務部 総務ユニット)
担当 : 岸田、伊東
E-mail : nikken_saiyou.hrl.er@hitachi.com
茨城サイトの所在地
http://www.hitachi.co.jp/rd/about/location/hrl/index.html

材料・キーデバイスから社会・生活インフラまで、社会イノベーションを担う茨城サイト

システム技術とモノづくり技術を活かして、新しい社会システムを創造する研究開発に注力する横浜サイト

横浜サイトでは、新しい社会システムを価値基点で実現するシステム技術、モノづくり技術の創生に力を入れています。国内外の大学や研究拠点とも連携し、交通、エネルギー、金融、行政などの分野における社会イノベーション事業の価値向上や、産業・流通分野のサプライチェーン革新を支える技術の研究に取り組んでいます。また、生産プロセスや検査・計測、回路設計、ソフトウェア開発手法の先端化、セキュリティ技術など、モノづくりを支える技術の研究にも取り組んでいます。新しい社会システムを創生していくうえで必要となる「構想力のある人財」の育成と共に、開発した技術を迅速に事業につなげる「実行力のある人財」の育成にも力を入れています。

お問い合わせ先
TEL : 045-860-3093(代)(横浜総務部 総務ユニット)
担当 : 若月、王、鈴木
E-mail : saiyo@rdgml.intra.hitachi.co.jp
横浜サイト所在地
http://www.hitachi.co.jp/rd/about/location/yrl/index.html

システム技術とモノづくり技術を活かして、新しい社会システムを創造する研究開発に注力する横浜サイト

グローバル展開

日本を含む5極のグローバル研究体制を組んでおり、北米(米州)、欧州、中国、APAC(Asia-Pacific)の海外拠点と連携し、No.1技術、地域のニーズに根ざした現地主導型のグローバル研究を推進しています。日立の海外研究所とのコラボレーションや世界各地の大学・研究機関・企業との共同研究を通じ、グローバルに研究開発を進めています。各地域の特性を活かして研究の先鋭化を図るとともに、各市場におけるニーズをリアルタイムに把握し、研究開発にフィードバックすることにより、海外事業を支える研究開発に努めています。

海外拠点の詳細は以下のURLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/rd/about/location/index.html

研究開発グループの教育制度

社内外の教育機関と連携し、必要なスキルの取得・キャリアアップのための教育を実施しています。グローバル展開の基礎となる経験を積むことを目的に海外で開催される学会等への参加なども積極的に行っています。また、学位取得や語学スキル向上を目指す方をバックアップする制度があります。

オープンラボ

お客さまと将来の社会課題を共に探求し研究開発で解決することをめざし、日立とお客さまが共同でリアルかつスピーディなプロトタイピングを実施する場として2016 年にオープンしました。誰もが使える共有スペースもあり社内の打合せやリフレッシュもできるコミュニケーションスペースとして活用されています。

オープンラボ

FIELD INFORMATION FIELD INFORMATION フィールド情報

所在地

  • 国分寺サイト 国分寺地区

    〒185-8601
    東京都国分寺市東恋ヶ窪一丁目280番地

  • 茨城サイト 大みか地区

    〒319-1292
    茨城県日立市大みか町七丁目1番1号

  • 勝田地区

    〒312-0034
    茨城県ひたちなか市堀口832番地2号

  • 横浜サイト 横浜地区

    〒244-0817
    神奈川県横浜市戸塚区吉田町292番地

フォトアルバム

国分寺サイト

  • 上空から見た国分寺サイト

    上空から見た国分寺サイト

  • 返仁橋 返仁: 仁(“愛”“慈悲”)の心に返る

    返仁橋
    返仁: 仁(“愛”“慈悲”)の心に返る

  • 国分寺サイト正門

    国分寺サイト正門

  • 国分寺サイト正門の雪景色

    国分寺サイト正門の雪景色

  • 春の庭園

    春の庭園

  • 秋の庭園

    秋の庭園

  • 若手研究者による研究成果大集合

    若手研究者による研究成果大集合

  • 研究所で開催される研究発表会-写真は展示会場の様子

    研究所で開催される研究発表会
    -写真は展示会場の様子

  • 去年の研究成果によりさまざまな表彰を受賞しています。-写真は日刊工業新聞社増田賞受賞

    去年の研究成果によりさまざまな表彰を受賞しています。
    -写真は日刊工業新聞社増田賞受賞

  • 研究所の夏祭りイベント-写真は社員によるバンド演奏

    研究所の夏祭りイベント
    -写真は社員によるバンド演奏

MORE

茨城サイト

  • 総勢1000人を超える研究所です。多様な人材があなたを歓迎します。

    総勢1000人を超える研究所です。多様な人材があなたを歓迎します。

  • 茨城サイト外観(大甕地区)

    茨城サイト外観(大甕地区)

  • 茨城サイト外観(勝田地区)

    茨城サイト外観(勝田地区)

  • 職場の風景

    職場の風景

  • 実験中の様子

    実験中の様子

  • 日々熱い議論を行い縦横問わず多くの人と関わりながら研究を進めます。

    日々熱い議論を行い縦横問わず多くの人と関わりながら研究を進めます。

  • 研究所では多種多様な図書を所有しています。茨城サイトの先人が残した研究報告書から、多くの知見を学び取ります。

    研究所では多種多様な図書を所有しています。茨城サイトの先人が残した研究報告書から、多くの知見を学び取ります。

  • 社員食堂とは別にあるログハウスのレストラン。お洒落な店内で少しリッチな料理を堪能することができます。

    社員食堂とは別にあるログハウスのレストラン。お洒落な店内で少しリッチな料理を堪能することができます。

  • 桜満開

    桜満開

  • 雪化粧

    雪化粧

  • 太平洋を一望

    太平洋を一望

  • 構内駅伝大会

    構内駅伝大会

MORE

横浜サイト

  • 横浜サイト本館

    横浜サイト本館

  • 横浜サイト南棟

    横浜サイト南棟

  • 横浜サイト東棟

    横浜サイト東棟

  • 研究テーマの議論の様子

    研究テーマの議論の様子

  • 女性研究者による熱いディスカッション

    女性研究者による熱いディスカッション

  • 実験の模様

    実験の模様

  • さまざまな専門家が協力して研究を進めています。

    さまざまな専門家が協力して研究を進めています。

  • 社内ではさまざまな講演会、討論会が行われています。

    社内ではさまざまな講演会、討論会が行われています。

  • 家族も参加できる社内の夏祭りイベント

    家族も参加できる社内の夏祭りイベント

  • 一年の成果を称える年末表彰式

    一年の成果を称える年末表彰式

MORE

その他会社情報

従業員数 合計2,700名

お問い合わせ