鉄道ソリューション

卒業学部学科系統
  • 機械工学系
  • 電気・電子
    ・通信工学系
  • 情報工学系
  • 化学系
  • 物理学系
  • 数学系
  • 経営工学系
  • 土木工学・建築・
    環境工学系
  • エネルギー
    ・資源工学系
  • その他
事業分野
  • 電力
  • 産業・流通
  • 都市開発
  • 鉄道
  • 金融
  • 公共
  • 情報通信
  • ヘルスケア
  • 家電
  • 自動車
  • 電子装置
募集職種
  • 研究開発
  • 設計開発
  • システム
    エンジニア
  • 生産技術
  • 品質保証
  • 営業技術
  • 知的財産
    マネジメント
  • その他

OUTLINE OUTLINE 概要

優れた技術と確かな実績で鉄道事業を支える総合鉄道システムインテグレーター

地球の温暖化や都市への人口集中といった社会的な課題の解決手段として、鉄道への期待はますます高まっており、世界各地で鉄道路線の新設や既存設備のリニューアルが進められています。また、IoT(Internet of Things)技術およびデジタル化の進展に伴い、鉄道の分野でもIoT/デジタル技術を活用した顧客サービスの向上や業務の効率化も進んできています。日立は車両、駆動用制御装置をはじめ列車運行管理システムや電力管理システム、情報サービスなどのフルラインナップのサービスを提供できる総合鉄道システムインテグレーターとして、重要なインフラである「鉄道」を支えてきました。また、グローバルカンパニーとして、日本(東京地区、笠戸地区(山口県)・水戸地区(茨城県))だけでなく欧州・アジアをはじめとした海外での鉄道事業にも積極的に携わっています。

“安心・快適・便利”な魅力ある街づくりをサポート

BUSINESS ACTIVITIES BUSINESS ACTIVITIES 事業領域

  • 車両関係(笠戸地区)

    新幹線電車や特急電車などの高速車両、通勤電車、モノレール、車両に搭載する空調・換気装置、台車などの開発・設計・製造・試験

  • 車両用制御装置/保安装置・運行管理/変電関係(水戸地区)

    VVVFインバータ制御装置、ハイブリッド駆動システム、ネットワーク信号制御システム、デジタルATC(Automatic Train Control 自動列車制御装置)、ATI(Autonomous Decentralized Train Integration System 車両情報制御装置)、運行管理システム、旅客案内システム、鉄道用受変電システムなどの開発・設計・製造・試験

  • 営業技術・プロジェクトマネジメント関係(東京地区)

    国内・海外の顧客に対する営業活動・技術提案活動、国内・海外案件のプロジェクト全体取り纏めなど

  • 主な海外拠点

    ・英国:日立レールヨーロッパ社(欧州(英国)市場における鉄道システムの販売・エンジニアリング・製造・保守など)
    ・イタリア:日立レールイタリア社、アンサルドSTS社
    ・中国:西安中車永電捷通電気有限公司(中国市場における車両用電気品の販売・設計・製造・試験など)

JOB CATEGORIES JOB CATEGORIES 職種紹介

  • 設計開発(笠戸地区)

    新幹線電車や特急電車などの高速車両、通勤電車、モノレール、空調・換気装置、台車などの設計・開発

  • 設計開発(水戸地区)

    VVVF インバータ制御装置、ハイブリッド駆動システム、ネットワーク信号制御システム、デジタルATC、ATI、運行管理システム、旅客案内システム、受変電システムなどの設計開発

  • 品質保証(笠戸地区)

    新幹線電車や特急電車などの高速車両、通勤電車、モノレール、空調・換気装置、台車などの品質保証

  • 品質保証(水戸地区)

    VVVF インバータ制御装置、ハイブリッド駆動システム、ネットワーク信号制御システム、デジタルATC、ATI、運行管理システム、旅客案内システム、受変電システムなどの品質保証

  • 生産技術(笠戸地区)

    新幹線電車や特急電車などの高速車両、通勤電車、モノレール、空調・換気装置、台車などの製造に関する生産技術開発

  • 生産技術(水戸地区)

    VVVF インバータ制御装置、ハイブリッド駆動システムなどの製造に関する生産技術開発

  • 営業技術(東京地区)

    モノレール、信号・運行管理システム、変電システム、輸送システム、鉄道車両および鉄道車両用電気品に関する営業技術

SIGNATURE TECHNOLOGIES SIGNATURE TECHNOLOGIES 特長的な技術

車両関係

@次世代新幹線電車技術 列車の高速化・運転の高密度化の輸送ニーズに応えつつ、更なる環境性・快適性の向上を実現できるよう「車内・車外騒音の抑制」「走行振動の抑制」「省エネルギー性」「小型軽量化」「保守性の向上」などの観点において、多彩な新技術を適用しながら、次世代新幹線電車の開発に取り組んでいます。 AA-train(日立が鉄道車両向けに開発した独自の新しい加工技術とモジュール式生産システム) 「A-train」の「A」には、「Advance(先進)」「Amenity(快適)」「Ability(性能)」「Aluminum(アルミ)」の意味が込められています。
・軽量アルミ素材を用いることで、メンテナンスを含めたライフサイクルコストを抑え、更にはリユース・リサイクルが容易となります。
・熱による変形や変色のない接合面に仕上がるFSW(Friction Stir Welding摩擦攪拌接合)を用いることで、美しい車体表面を作り出すことが可能となります。
・モジュール構造による生産効率向上、また多様なニーズに対応するフレキシブルな車体構成を実現します。
B環境適合技術(蓄電池電車) 蓄電池電車は、非電化区間を蓄電池の電力で走行可能であり、環境にやさしく、動力システムの電動化による騒音低減、乗り心地向上が期待できます。

車両用制御装置関係

@ SiCインバータ(SiC:シリコン・カーバイド) 多くの鉄道車両インバータにはSiCを基材にしたパワーデバイスが用いられていますが、更なる省エネルギー性向上と高性能化を図るため、装置の小型化・軽量化と、電力損失低減を両立するSiCパワーデバイスを用いたインバータを鉄道車両に適用し、小型で環境性に優れた鉄道車両の実現に貢献します。 A ハイブリッド駆動システム 環境負荷低減をめざしたハイブリッド駆動システムを採用し、非電化区間を走る気動車の燃料消費低減と、CO2削減を実現しました。車両減速時のエネルギーをリチウムイオンバッテリーに回収し、加速時のエネルギーや補助電源の電力として再利用します。車両の速度と蓄電量に応じてエンジンでの発電を適切に制御し、駅停車中または惰行中はエンジンを停止することで騒音の低減を図ります。 B 車両情報制御装置(ATI) 車両内に情報ネットワークを構成し、車両に搭載される駆動用制御装置やブレーキ装置などの車両の制御、運転台に取り付けた表示器による機器情報や運行ダイヤ情報の表示、空調装置や車内の液晶表示器・自動放送装置などのサービス機器の制御を行います。また、機器の自己診断機能と連携した自動試験機能や、運転履歴を記録する運行状況記録機能により、車両の保守や故障解析に役立てます。

保安装置・運行管理システム関係

@デジタルATC(自動列車制御装置) ATCは、先行する列車の位置情報などを走行中の列車に伝え、速度を制御することで、列車運行の安全を確保する装置です。デジタル化により、停止するためのブレーキ制御に必要な限界位置信号を地上から伝えながら、車上装置が先行する列車との間隔を自動的に制御することで、安定した走行が可能です。乗り心地の向上が図れ、列車間隔の短縮が可能になり、輸送量アップにも効果的です。 ACBTC(Communication Based Train Control)、ETCS(European Train Control System) 列車信号システムの国際標準規格には、近郊列車や地下鉄、モノレールなどの都市交通向けのCBTCと、欧州で国境を越えた路線間の相互乗入を実現する都市間交通向けのETCSがあります。日立は、2014年2月にCBTCの最高安全レベルの認証を欧州の認証機関から日本企業として初めて取得しています。また、2013年12月に日本企業として初めて欧州で統一された信号システム規格(ETCS)に準拠した車上信号装置を製品化しました。日本で培ってきた様々な車両性能実績を欧州規格に適合させた形で集約しています。 B運行管理システム 列車の在線状況を監視し、ダイヤ通りに列車の運行を制御するシステムです。ダイヤが乱れた際の迅速な回復を支援する運転整理システムや分散している駅間を接続するネットワーク機能などを最新の情報処理技術や通信技術を用いて開発しています。また、電力設備・駅設備の監視制御を行うことで、安全・安定輸送を確保し、輸送指令業務の効率向上、旅客サービス向上に寄与しています。

変電システム関係

鉄道用受変電システムは、安全で高密度輸送の為に安定的な電力供給を実現するシステム製品と、防災・環境調和・省力化・省スペース化を向上させた信頼性の高い鉄道電力向け受変電設備の製品提供が求められています。
日立はこれらの要望に応えるため、これまで培ってきた鉄道システムのノウハウとIoT技術を活用し最適な鉄道用受変電システムを提供しています。

TOPICS TOPICS トピックス

グローバルな事業展開

世界の鉄道市場は2019年−2021年の3ヵ年平均が24兆円を超え、年率2.6%の成長を続けると予測されています。鉄道ビジネスユニットは、こうした世界各国の社会インフラを支える鉄道システムの需要をビジネスチャンスと捉え、海外市場への積極的な進出を行っています。2015年にイタリアの鉄道車両・システムメーカーであるアンサルドブレダ社(現日立レールイタリア社)およびアンサルドSTS社を買収したことで、イタリアをはじめとした欧州各国と米州、その他地域に拠点を持つことができました。これにより製品ラインナップも広がり、ターンキー(一括請負)ソリューション事業の強化や、ワールドクラスの製品群を加えたポートフォリオの拡大、IoT/デジタル事業への注力を進め、鉄道システム事業におけるトータルソリューションのリーディングカンパニーとしてさらなる発展をめざしています。欧州のみならず、米州・アジア・新興国など各地で多くのプロジェクトが進行中であり、世界の仲間と共に、日立の鉄道システム事業をリードしていくことができる多様な人財を必要としています。

グローバルな事業展開

英国都市間高速鉄道計画(IEP:Intercity Express Programme)向け車両が営業運転開始

2017年10月、英国の首都ロンドンと西部ウェールズ地方のおよそ300キロを結ぶGreat Western Main Lineにおいて、日立の製造したIEP向け車両が営業運転を開始しました。

IEPは英国運輸省が主導する総事業費57億ポンド規模のプロジェクトで、同国の主要幹線であるGreat Western Main LineとEast Coast Main Lineにおいて現在使用されている車両を日立のClass800シリーズに置き換えるものです。このClass800シリーズの投入により、Great Western Main Line・East Coast Main Lineの両幹線における鉄道旅客輸送能力が大幅に向上します。また両幹線で現在走行している列車と比較して、座席あたりの重量が大幅に削減されており、所要時間の改善に加え、エネルギー使用量も削減されます。日立はIEP向けに、合計122編成(866両)の車両の製造ならびに27年6ヵ月間にわたる保守事業を提供する予定です。

このほか、YouTubeで日立の鉄道関連トピックスをご紹介していますので、ぜひご覧ください。

【日立グループ 鉄道関連YouTubeチャンネル】
・Hitachi Brand Channel: 交通/Transportation
https://www.youtube.com/playlist?list=PLB8uh3iEDoy7oOIBiMKFg4QAIwNK0qHkp
・Hitachi Rail Europe
https://www.youtube.com/channel/UC-vPe9CF62GaAdGauXJ58wQ
・Hitachi Rail Italy
https://www.youtube.com/user/AnsaldoBredaOfficial

英国都市間高速鉄道計画(IEP:Intercity Express Programme)向け車両が営業運転開始

FIELD INFORMATION FIELD INFORMATION フィールド情報

所在地

  • 東京地区

    東京地区

    〒101-8608
    東京都千代田区外神田一丁目18番13号 (秋葉原ダイビル)

  • 笠戸地区

    笠戸地区

    〒744-8601
    山口県下松市大字東豊井794番地

  • 水戸地区

    水戸地区

    〒312-8506
    茨城県ひたちなか市市毛1070番地

その他会社情報

従業員数 【連結】12,400名超(2018年3月末時点)

お問い合わせ