ページの本文へ

Hitachi FIELD NAVIGATOR

  • ENTRY ENTRY このエントリーボタンは2019年度採用向けです。2020年度採用は、2019年3月1日よりエントリーを受け付けます。
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

ヘルスケアソリューション

WEBSITE

日立グループが持つ革新的な技術をもって
誰もが健康で安心・安全に暮らせる社会の実現に貢献します。

卓越した技術を通して、安心・安全・快適な社会づくりに貢献します。

高齢化社会の進展、生活習慣病の増加、国民医療費の増大など、医療・健康分野を取り巻く環境は大きく変化しています。また、「医療費の増加」「高齢化・慢性疾患の増加」「予防・予後などヘルスケア範囲の拡大」「先進医療、IT活用の進展」といった先進国が直面する医療課題だけでなく、「地域による医療水準の格差拡大」「医療コストの低減」「資金・医療従事者不足」といった新興国が抱える課題に至る諸問題に対して多くのソリューションが求められています。日立では、ヘルスケアを21世紀の社会を支える必要不可欠なインフラと考え、高度なIT技術と医療技術で多様化するニーズに応え、日立グループが持つ革新的な技術をもって、お客様の生活にイノベーションを起こし、誰もが健康で安心・安全に暮らせる社会の実現に貢献していきます。

募集職種

  • 研究開発
  • 設計開発
  • システムエンジニア
  • 生産技術
  • 品質保証
  • 営業技術
  • 知的財産マネジメント
  • その他

卒業学部学科系統

  • 機械工学系
  • 電気・電子・通信工学系
  • 情報工学系
  • 化学系
  • 物理学系
  • 数学系
  • 経営工学系
  • 土木工学・建築・環境工学系
  • エネルギー・資源工学系
  • その他

事業分野

  • 電力
  • 産業・流通
  • 都市開発
  • 鉄道
  • 金融
  • 公共
  • 情報通信
  • ヘルスケア
  • 家電
  • 自動車
  • 電子装置

事業領域

インフォマティクス領域

インフォマティクス領域

先端のITとネットワークをキーテクノロジーに、より正確・安全にヘルスケア環境をサポートします。また、データを利活用し、ヘルスケアサービスにイノベーションをもたらします。
例えば、生活習慣病のリスク低減を目的としたクラウド型健康支援サービス等、健診データの活用や豊富なサービスにより病気の早期発見・早期治療に貢献します。データプラットフォームサービスでは、様々なヘルスケアデータを関連づけて保管・分析するために400種以上ものファイルフォーマットに対応します。「カルテ」「紹介状」「血液データ」「診断画像」といった各種データを横断的に関連付けることができ、豊富なデータから因果関係の分析など患者様本位のサービスを提供しています。

診断・臨床領域

診断・臨床領域

医療機器の設計・開発、製造、販売、据え付け、保守サービスと多岐にわたります。粒子線治療システム、超音波診断装置、MRIシステム、CTシステム、X線診断装置といった先端医療機器の開発設計から、製造・販売・メンテナンスまでを一貫した体制で行い、さらには病院経営に対しても経営効率化を支援するソリューションを提供するなど、医療の分野でトータルサービスを提供しています。

検査・試薬領域

検査・試薬領域

検体検査装置と放射線測定装置の設計・開発、製造、販売、据え付け、保守サービスを行っています。
血液や尿などの検体成分を分析する検体検査装置は、診断や病後の経過観察などの指標になります。検体の開栓、分注、子検体へのラベル貼付などの検体前処理工程を集約した検体前処理装置は高精度分注の高速化により臨床検査結果のスピーディな提供に貢献します。
目に見えない放射線を数値化する放射線測定装置は、原子力発電所、研究機関、病院など、様々な放射線取り扱い施設において、放射線の安全管理をサポートしています。

職種紹介

  • 設計開発
    世の中のニーズに応え、新技術・新手法を模索し続ける設計開発部門。その仕事は多岐にわたり、製品企画、構想設計、仕様・価格検討、試作、安全性・画質評価、ドキュメント化、生産設計まで一連の作業を行います。また大学病院との共同研究や学会発表等、活躍範囲は常に拡大を続けています。
  • ソリューション
    日立がパートナーとして継続的にお客様の課題を解決する手段を一緒に考え、提案し、解決まで導く仕事です。健康なまちづくりを目指す地域包括ケア支援や、病院の設備導入や運営最適化、経営効率の改善への支援等、お客様と一緒に課題を解決まで導きます。
  • アプリケーション
    医療機器に関する知識や使用方法に精通する診療放射線技師又は臨床検査技師が、製品の導入を検討している病院やクリニックなどの医療機関にて、デモンストレーションや製品説明を行い、臨床の見地から営業、開発をサポートします。
  • 営業技術
    お客様のニーズを実現するために解決すべき技術的課題を聞き出して、設計、製造、生産技術、品質保証、スタッフ部門など、各分野の方を巻き込みながら、顧客への対応を行う重要な役割を担います。

特徴的な技術

粒子線治療システム

粒子線治療システム

がん治療を目的とした粒子線がん治療システムの設計・製作、および運転・保守サービスを実施します。粒子線(陽子線、炭素線など)治療は放射線によるがん治療法の一つです。治療に伴う痛みが殆どなく、他の放射線治療に比べ副作用が少ないため、治療と社会生活の両立が可能であり、高いQoL(Quality of Life:生活の質)を維持しつつ、がんを治療できる最先端治療法の一つとして注目されており、今後ますます増加することが期待されています。
日立のスポットスキャニング照射技術は、複雑な形状の腫瘍でも、その形状に合わせて高い精度で陽子線を照射し、正常部位への影響を最小限に抑えることが可能です。さらに、動体追跡照射技術との組み合わせで、呼吸等で位置が変動する患部に対しても高精度な照射が可能になりました。
日立の主力製品である陽子線がん治療システム"PROBEAT"は現在、国内および海外の施設に導入され、最先端のがん治療に貢献しています。今後は顧客と協創により、放射線治療の情報などをデータベース化し、AIで分析することにより、治療計画の策定サポートや治療後の容態予測などを提供するソリューションの開発を進めていきます。

超音波診断装置

超音波診断装置

世界で初めて超音波診断装置を開発したパイオニアとして、お客様のニーズに応える技術開発を行ってきました。
超音波診断装置は、検査時に放射線被ばくをせず無痛であるため、患者様への負担が少ない画像診断装置です。リアルタイムに診断できるため、心臓の拍動や胎児の動きを映し出すことができます。画像診断装置の中では小型で移動が可能であるため、検査する場所を選ばず、医療機関はもとより、災害被災地でも活用されています。
患者のCT、MRI、超音波のボリュームデータとリアルタイムな超音波の高分解能画像を融合させるRVS(*1)、組織の硬さを可視化し、腫瘍の良悪性鑑別の一助となりえる情報を付加するRTE(*2)等の高性能だけではなく、診断/治療効率の向上にむけた医療現場に役立つ疾病別ソリューションを提供できるのが大きな強みです。
(*1)Real-timeVirtual Sonographys(*2)Real-timeTissue Elastography

MRI(Magnetic Resonance Imaging)システム及びスマート手術室ソリューション

MRI(Magnetic Resonance Imaging)システム及びスマート手術室ソリューション

磁石と電磁波の力を利用し、体内の水分(水素原子核)の共鳴現象を画像化する診断装置。永久磁石を使った独自技術によるオープンタイプから超電導の3テスラシステムまで幅広くラインアップ。放射線被ばくがなく、形態画像に加えて生体の機能画像も得られる点が特徴です。患者様へのやさしさの観点に立ち、世界のオープンMRI市場を牽引しています。
※オープンMRI装置を用いたソリューション「スマート手術室」
1999年、脳神経外科手術室にオープンMRI装置を導入。開頭後の脳組織移動に追従した画像ガイドにより、脳腫瘍摘出の高度な手術支援を可能にしました。特にオープンMRI装置は、手術室の内部に設置が可能であり、開頭状態での患者移動距離が少なく、安全性におけるインシデントを低減できます。また画像上に術具の位置を表示する手術ナビゲーションシステムで、医師が手術操作している位置を正確に把握することを支援します。日立はさまざまな手術機器メーカーとの協創により画像ガイド下手術支援システムの進化に磨きをかけています。

X線診断装置とCT診断装置

X線診断装置とCT診断装置

医療現場に不可欠なX線装置。現在はCR(*)によりX線画像をデジタル画像として出力できるため、すぐに画像確認が可能です。日立はCRによる日本初の移動型X線装置を開発し、病室や手術室、ICUなど“いつでもどこでも”デジタル撮影できる環境を実現しました。また、フラットパネル検出器搭載多目的イメージングシステムは、消化管検査や内視鏡検査などにおけるX線検査の領域をさらに広げています。(*)CR:Computed RadiographyコンピュータX線撮影
CT装置は、日立が国産初の頭部用CT装置を開発してから40年経ち、今は空間分解能や濃度分解能が飛躍的に向上し、撮影範囲は身体の広範囲におよびます。日立のCT装置は、日立独自のハード・ソフト設計によってさらに高速、高画質を実現。いわゆる輪切り画像ばかりでなく、立体的な3D画像を表示したり、MPR画像(任意断面変換画像)を作成したりすることも可能となっています。

検体検査装置

検体検査装置

検体検査装置は、血液や尿などの成分を分析、診断や病後の経過観察などの指標になります。検体の開栓、分注、子検体へのラベル貼付などの検体前処理工程を集約した検体前処理装置などを提供しています。高速・高精度分注、子検体容器供給の自動化、リカバリー処理のサポート等、様々なニーズに日立の技術力で応えています。

クラウド型健康支援サービス

クラウド型健康支援サービス

内臓脂肪を減らすことで、生活習慣病のリスク低減を目的としたクラウド型健康支援サービスです。メタボを撃退し健康的な生活習慣を身につけるためのプログラムであり、ダイエットにはもちろん、健診データと連携したデータヘルス・コラボヘルスの実現、従業員の健康増進による健康経営(*)、疾病リスクの軽減による医療費の抑制にも効果を発揮します。インターネット環境とPCがあれば、誰でも無理なく続けられるダイエット手法として、すでに多くの団体、企業で利用されています。
* 健康経営は、NPO健康経営研究会の登録商標です。

臨床検査情報システム

臨床検査情報システム

大規模病院や臨床検査センターでは大量の検体を扱いますが、それらを迅速に受け付け、検査・結果確認から報告・請求業務までを遅滞なく、かつ検査品質を確保しながら遂行する必要があります。また、管理業務の効率化も課題となっており、検査業務全体を一元管理できるシステムが求められています。日立の医療機関向け臨床検査システム「Lavolute 8」は高速・大量処理可能な検査機器から検査データ処理の自動化を図り、診療部門への報告の効率化を支援します。また、各種データチェック機能、精度管理機能等を搭載し、安心・安全に検査データを管理します。更には、拠点間連携機能やWeb結果配信機能を備えており、グループ病院間や検査センター関連施設間での検査データ利活用など将来的なデータ統合管理を見すえたシステムであり、地域医療連携などへの応用も期待できます。

病院運営支援サービス

病院運営支援サービス

病院が抱える経営課題に対し、日立がパートナーとして設備導入や運営最適化などに取り組むことにより経営効率化を支援するサービスです。画像診断センタ運営支援では、病院の運営目標に応じて長期の事業計画を立案します。最新機種を日立の資産として導入し、支援スタッフを派遣して画像診断に関わる院内外の課題解決支援を行います。本サービスは成功報酬型サービスで、日立は病院とともに運営目標を達成するまで長期にわたって支援します。

核融合実験用機器

核融合実験用機器

新エネルギー源の有力な候補の一つとして研究が進められ、マイナス269℃で使用される超伝導物質から数億℃のプラズマまでを研究の対象とする核融合研究開発に対し、「JT-60」(現 量子科学技術研究開発機構 那珂核融合研究所)や「LHD」(核融合科学研究所)などの実験装置の機器を設計・製作し、運転・保守のサポートを行うことで最先端研究の推進に貢献しています。

核融合実験装置(大型ヘリカル装置LHD)

高エネルギー物理研究用機器

高エネルギー物理研究用機器

粒子加速器の技術開発に取り組み、先端科学の推進に貢献しています。特に大型加速器計画(「J-PARC」((国研)日本原子力研究開発機構、高エネルギー加速器研究機構)や「Super-KEKB」(高エネルギー加速器研究機構)など)に参画し、電磁石や加速空洞などの主要機器の技術開発を実施しています。また、超伝導技術を応用した超伝導加速空洞などの開発にも取り組んでいます。

研究用加速器(J-PARC 50GeVシンクロトロン)

産業用X線CT装置

産業用X線CT装置

高エネルギーX線を用いて自動車エンジンブロックなどの高密度・厚物品の内部を非破壊で撮像するX線CT装置の開発、設計、製作をしています。撮像物の内部情報はデジタル化して、形状・寸法・密度計測、CADとの比較、CAEへの適用などのデジタルエンジニアリング技術に活用できます。この技術により、製品開発の短縮化や考古学発掘品の非破壊分析など幅広い分野において様々なソリューションを提供しています。

自動車用オルタネータの内部構造撮像事例(日立産業用X線CT:HiXCT-9M-SPで撮像)

トピックス

グローバル展開

日立のヘルスケア関連技術は、国内のみならず広く海外でその技術が活用されています。

当社は、世界有数の医療機器メーカー・ソリューションプロバイダーとして認知され、その技術や活動は海外で開催される学会や展示会でも常に注目を集めています。現在ヘルスケア事業は、米州、欧州、中国、アジア、トルコの5極からグローバルに展開をしており、地域特性に合わせた事業戦略を展開しています。医療先進国では著名な病院や研究機関とのパートナーシップを強化することで、付加価値の高いサービスやソリューションの開発を進めていきます。新興国では、日本で実績のあるソリューション事業を展開し、医療インフラ向上に貢献しています。今後も、各国の先進企業や医療機関との協創による優れた製品、サービスの開発・提供を通じて、患者一人一人により良い医療の提供や持続可能な社会保障システムの構築に貢献していきます。

世界をリードする粒子線治療システム

世界をリードする粒子線治療システム

日立は粒子線治療において、スポットスキャニング、動体追跡などのイノベーションにより世界のマーケットをリードしてきました。最先端のがん治療法の一つである粒子線治療システムの市場は日本、米国、欧州から中国、アジア、その他の地域に広がっております。日立の粒子線治療システムは既に日本および米国の世界トップクラスの医療機関に多数納入しているほか、16年には東南アジア及び中国からも初受注を獲得しました。

また、17年には今後需要が見込まれる一般病院向けの粒子線治療システムのニーズに応えるため、治療室(360度回転ガントリ型治療室)を1室に特化した小型陽子線治療システム(以下、1G(ワンガントリ)コンパクトシステム)を開発しました。1Gコンパクトシステムは従来のシステムに比べ、設置スペースが小さく、設置費用や設置期間も抑えたシステムとなっています。

日立はこれまで国内外の著名病院やがんセンターなどに、最先端の技術を搭載した陽子線治療システムの提供をしてきましたが、1Gコンパクトシステムの開発により、今後はより多くの医療機関に最先端の陽子線治療システムが導入され、世界のがん治療に貢献していくことを期待します。

超電導MRI装置の故障予兆診断「Sentinel Analytics」

超電導MRI装置の故障予兆診断「Sentinel Analytics」

人の手による故障予測には熟練技術が必要なため、限られたエキスパートが世界中にあるMRI装置を監視することは困難であり、高精度で効率性に優れたアフターサービスを提供することに限界がありました。日立では蓄積したセンサーデータの分析、故障原因パターンを究明するシステムの作成、さらに機械学習を使って正常な状態を定義することで、故障につながる状態変化や異常を早期に検出することに成功しました。

装置をインターネットにつないで、人が装置の遠隔監視を行うIoT/M2Mサービスはいくつかありますが、そこに機械学習など最先端のデータ利活用した分析手法を加え、属人的な運用を脱却しつつ、高精度な予兆診断を実現したサービスはほとんど類例がありません。

Sentinel Analyticsにより、故障発生数カ月前の故障予兆検知と、冷凍機が壊れる前の計画的な部品修理・交換が可能になり、故障を回避する「予知保全」が実現しました。緊急修理回避による保全コスト削減及び病院側の医療サービス向上に大きく貢献できます。

所在地

東京地区

東京地区

東京地区 (東上野、大森、三鷹、国分寺、青梅)
柏事業場  千葉県柏市十余二2番地1
日立事業所 茨城県日立市幸町三丁目1番1号
全国の支店・営業所

お問い合わせ・エントリー

お問い合わせ先

TEL : 03-6284-3012
総務本部 人事労政部 人事労政グループ
遠藤、金、羽田

E-mail:hmc.recruit.yh@hitachi.com

個人情報の保護に関して

当社へのTEL・FAX・メールでのご連絡をいただく前に、当社「個人情報保護に関して」へのご同意をお願いいたします。

株式会社日立製作所 個人情報保護に関して (保護方針と要旨)