ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

研究領域生産

IT×OTにより、モノづくりバリューチェーンの
全体最適化を実現

製造業のグローバルオペレーションを最適化する生産システムと、
ITを活用し高効率・適正品質を実現するデジタルモノづくり技術により、
設計・製造・検査から調達・生産・物流まで、フルバリューチェーンを革新します。

技術基盤

  • 生産システム

    AIとIoTを活用して運営を最適化するサイバーソリューションと、生産ラインを柔軟に構成するフィジカルソリューションを連携し、最適なバリューチェーンを実現します。

    中核技術

    • サプライチェーンマネジメント
    • 生産スケジューリング
    • 画像信号処理
    • ロボット/ラインエンジニアリング
  • 生産プロセス

    モノづくりにおける加工や検査計測のプロセスをデジタル化し、実測データと高精度シミュレーションを融合することで、高品質なモノづくりをグローバル規模で実現します。

    中核技術

    • 金属加工(切削、塑性)
    • 樹脂加工(モールド、接着接合)
    • 3D光学計測
    • 粉体/液体計測
  • 高信頼ハードシステム実装

    鉄道・ビルなど産業分野の基盤である電子システムを高信頼設計し運用することにより、止まらないインフラを実現します。また、生産現場データのデジタル化により、生産効率を向上します。

    中核技術

    • EMC解析&計測
    • 低ノイズ回路システム設計
    • 高信頼回路/高密度実装
    • 産業IoT応用