ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

2017年

学会活動レポート

レポート一覧(2017年)

回帰分析を用いた物理量分布データベースのコンパクトなデータ格納方法 NEW:最新

ポルトガルにおいて国際学会GISTAM2017が開催され、空間分布データの管理技術に関して発表しました。この学会は地理空間情報処理…続き

(2017年6月13日)

レガシ設備稼働状態の自動推定技術

台湾の台中市で、CIRP主催の国際会議CIRP CMSが開催されました。CIRP CMSは、生産システム工学に関する主要な国際会議です。今回のCIRP CMSでは25ヶ国から168名が参加し、…続き

(2017年6月8日)

配送ルートを考慮した拠点配置最適化

モロッコのラバトでIEOM2017が開催されました。IEOMは、生産管理と運用管理の研究者の交流を目的とした国際会議であり、年に一度、アジアまたはアフリカで年次大会を開催…続き

(2017年5月29日)

鉄道輸送障害時の再スケジューリング評価シミュレータ

フランスのリールでRailLille2017が開催されました。RailLille2017は鉄道に関する分析、モデリング、スケジューリングなどの分野における世界トップレベルの学会であり、2年に1度…続き

(2017年5月10日)

システムログと組織情報を用いた業務フロー再生

オーストリアのクラーゲンフルトでIEEE主催の国際会議 SANER 2017が開催されました。SANERは既存ソフト分析・改善に関する主要会議であり、ソースコード分析・理解・…続き

(2017年3月29日)

深層学習を用いた地質レポートと油井ログとの意味関係の学習方法

アメリカで、ACM主催の国際会議CIKM2016が開催されました。CIKMは、ナレッジマネジメント、情報検索、データベースコミュニティの研究者と開発者が集まる国際会議です…続き

(2017年3月24日)

ウォークスルー型複数指静脈認証

ICCEは毎年1月に行われるIEEE Consumer Electronics Societyのフラグシップカンファレンスであり、世界最大の家電見本市であるCESとの併催学会です。今年で35回目…続き

(2017年2月17日)

適応的グループテストのための混合サンプルの決定方法

韓国の済州島で、国際会議APSIPA ASC 2016が開催されました。APSIPA ASCは、アジア・太平洋地域における信号処理に関する主要国際会議であり、信号処理に関する幅広い…続き

(2017年2月15日)

組立順序の準最適化生成方式

札幌コンベンションセンターにてSII2016が開催されました。SIIは制御、ロボティクス、ネットワークシステム、ハードウエア、ソフトウエア、プラットフォームなど広範囲な…続き

(2017年2月2日)

ロスコスト削減のためのリスク管理手法

オーストラリアでProMAC2016が開催されました。ProMACは、毎年開かれるプロジェクトマネジメントに関する国際学会で、主にアジア・パシフィック地域のプロジェクト…続き

(2017年1月31日)

音声認識誤りに頑健なユーザ発話分類手法

IEEE SLTは、2年に1回開かれる音声言語技術に関する国際ワークショップであり、音声認識、自然言語理解、音声対話、音声信号処理などの最先端の研究が発表されます。今回は…続き

(2017年1月25日)

組込みシステムの安全性達成のためのドメイン機能とスケジューリング方法

東京ミッドタウンにおいてTRON Symposium 2016が開催されました。本シンポジウムはTRON系リアルタイムオペレーティング…続き

(2017年1月23日)

ウェアラブルデバイスを用いた保守作業システム向け共通プラットフォーム

福岡市博多区で国際会議 IDW2016が開催されました。IDW2016は、ディスプレイ、メガネ型ウェアラブルデバイスに関する…続き

(2017年1月17日)

フレネルゾーン開口によるレンズレスライトフィールドカメラ技術

東京工業大学田町キャンパスにて、IWISS2016が開催されました。IWISSはイメージセンサ、イメージングシステム、画像処理に関する研究会であり、今回は18件の講演と20件の…続き

(2017年1月12日)

動的なG空間情報のリアルタイム利活用技術の防災分野への有効性検証

台湾 台北において、国際学会GSDI 15th World Conferenceが開催されました。GSDIは地理空間情報に関する国際学会で、本会議において、12件の基調講演、109件の口頭発表が…続き

(2017年1月10日)

年別インデックス

  • ページの先頭へ