ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

2016年

学会活動レポート

レポート一覧(2016年)

沖縄コンベンションセンタにおいてISAP 2016が開催されました。ISAPはアンテナ、電波伝播、電磁界理論など、電磁波関連の技術分野を対象とした国際会議で、本年度は638件の発表がありました。筆者はルネベルグレンズと周波数…続き

(2016年12月5日)

ACM ISS 2016が、カナダのナイアガラにて開催されました。ACM ISSは、2006年から毎年開催されている国際会議で、平面や空間でのインタラクティブな操作に関する技術やデザインを対象としています。今年は、口頭発表が33件、…続き

(2016年11月25日)

京都リサーチパークにおいてISOM'16が開催されました。本国際会議は光メモリ、コンピュテーショナルイメージング、センシングなどの技術分野を対象とし、日本・米国・韓国・中国などの大学・企業の研究者間で活発な議論が行われました。…続き

(2016年11月11日)

京都にてGCCE 2016が開催されました。GCCEは、コンシューマエレクトロニクス(情報家電)分野に関する国際会議であり、本会議においては、152件のoral presentationと88件のposter presentation、12件のdemo presentationが…続き

(2016年11月7日)

SPIE REMOTE SENSING は、年1回開催されるリモートセンシング技術の国際会議です。近年の衛星、ドローン利用の期待の高まりにより世界的な注目を集め、多数の研究者、科学者、エンジニアが参加します。今回の会議は11個の…続き

(2016年10月31日)

シンガポールにて IWoR 2016が開催されました。筆者は、ソフトウェアのリファクタリングを行う際の検証技術について発表を行いました。組込み製品のソフトウェア開発にあたっては、既存ソフトウェアを改修して機能追加などを…続き

(2016年10月14日)

PSE Asia 2016 が、東京大学にて開催されました。PSE Asiaは、2年に1回開催される化学プロセス制御技術の国際会議で、主に日本やアジアの研究者が参加します。今年は、口頭発表134件、ポスター発表36件の発表がありました。…続き

(2016年9月6日)

少子高齢化に伴う医療費負担の増大は発達する国家の重大課題になっています。生活習慣病の予防は日本の医療費削減対策の重要な一環です。健康保険組合は、生活習慣病の予防を目的に健康指導を提供しています。より効率的に健康指導を提供…続き

(2016年8月4日)

IIAI AAIは、日本とアジアの研究者が主に参加する国際会議で、7つのカンファレンスから構成されています。コンピュータアーキテクチャだけでなく、教育システムや人工知能といった、情報システムに関する幅広いトピックを扱って…続き

(2016年8月1日)

人口減少、少子高齢化に伴う環境変化が進展する中、社会インフラのサービス品質を維持しながら効率性を重視して再構築することは、特に先進国においては重要な課題です。とりわけ、熟練作業員の退職によるノウハウ断絶は、差し迫った課題と…続き

(2016年7月11日)

中国の上海でICASSP 2016が開催されました。ICASSPは信号処理に関する世界最大の国際会議であり、幅広い分野の研究成果が毎年発表されます。たとえば、音声を聞き取りやすく変換する音声強調技術や、音声対話を実現する音声認識…続き

(2016年4月13日)

ドイツのHochschule Ravensburg-Weingartenで、光設計・製造を中心とした国際会議 ODF'16が開催されました。本会議は「光学設計・シミュレーション」「光学部品」「光学装置」「光学テクノロジー」の4分野の発表セッションで構成…続き

(2016年3月25日)

サービスロボットによる音声対話や、コールセンタ通話の分析といった応用のため、音声認識技術の向上は欠かせません。IEEE ASRUは2年に一度開催される音声認識技術の国際ワークショップであり、世界最先端の技術に触れることが…続き

(2016年1月20日)

名古屋において、制御系システムインテグレーションに関する国際会議SII 2015がIEEEと公益社団法人 計測自動制御学会の主催で開催されました。本会議では、約250名の研究者が企業や大学から参加し、制御技術、ロボティクス…続き

(2016年1月13日)

スペインのバルセロナにてINNOV 2015が開催されました。本カンファレンスは、IARIAが主催するソフトウェアを中心としたカンファレンスの一環として、ネットワークやコンピューティングに関する国際会合であり、今年で4回目の…続き

(2016年1月8日)

年別インデックス

  • ページの先頭へ