ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

2015年

学会活動レポート

レポート一覧(2015年)

滋賀県大津市で国際会議IDW2015が開催されました。IDW2015は、ディスプレイ、メガネ型ウェアラブルデバイスに関する光学系技術やそれらの活用方法などを含む、幅広い領域のセッションが集まる国際会議です。約1200人が…続き

(2015年12月25日)

デンマークのコペンハーゲンにてITS分野の通信技術に関する国際会議ITST 2015が開催されました。本国際会議では、路車間・車車間通信技術に加え、近年脚光を浴びている自動運転技術を対象とし、欧州を中心とした世界各地の大学…続き

(2015年12月22日)

仙台市の仙台国際センターにおいて電磁気理論・電磁環境両立性・医用生体電磁気学の国際会議KJJC2015が開催されました。本会議は、IEICE及びKIEES(韓国)主催、IEEE共催による国際会議です。発表42件、ポスター33件、来場者…続き

(2015年12月18日)

京都府京都市で国際会議RAID2015が開催されました。RAID2015は、マルウェア対策や標的型サイバー攻撃などサイバーセキュリティに関する代表的な国際会議の1つです。筆者は、本会議のポスターセッションにて、"On the Detection …続き

(2015年12月10日)

京都にて実装技術に関する国際会議ICSJ2015が開催されました。本国際会議ではオプトエレクトロニクスとバイオヘルスケアをメイントピックスとし、その他のさまざまな実装関連技術を含めた幅広い技術分野を対象としており、…続き

(2015年12月7日)

国際学会ACM SIGSPATIAL 2015がは地理空間情報処理技術(たとえば時空間データベースなど)に関する当該分野ではトップカンファレンスに位置づけられる学会です。筆者は、この学会の本会議において、レーザセンサのビッグ…続き

(2015年12月3日)

IDAWC 2015がアメリカ サン・ディエゴで開催されました。海水淡水化は、大きく分けて蒸発法と逆浸透(RO)膜法がありますが、サン・ディエゴはRO膜の発祥の地とのことです。口頭発表、ポスター発表合わせて、300件の発表が…続き

(2015年11月25日)

光通信分野の国際会議ECOC 2015が、スペインのバレンシアで開催されました。ECOCは毎年欧州で開催される光通信関連のネットワーク・システム・デバイス分野を網羅する国際会議で、今年で41回目と長い歴史を持っています。…続き

(2015年11月17日)

ホログラフィックメモリの再生では温度変化、吸湿、感光に伴う膨張収縮によって最適な参照光角度が常に変化する記録媒体に対して、再生品質を確保するためには最適角度から数ミリ度以内の精度に制御しなくてはならないという課題…続き

(2015年11月12日)

近年、撮像装置の焦点深度拡大のための研究が盛んに行われていますが、単純な構成で焦点深度拡大効果を得られる技術としてWFC (Wavefront Coding) が知られています。WFCは光学系に挿入した位相板により被写体像に…続き

(2015年11月10日)

日立では同一個所への数百回の多重記録、さらにRun Length Limited(RLL)変調を用いた高密度記録技術で2.4TB/inch2の記録密度を実現しています。さらなる高密度化のために光の位相情報を用いた研究に取り組んでおり、…続き

(2015年11月4日)

富山国際会議場にて光メモリに関する国際会議 ISOM 2015が開催されました。本国際会議は、DVDやBlu-ray Disc™に代表される光メモリに関する技術を対象としており、近年ではその応用技術にも対象を広げております。当日は、…続き

(2015年10月29日)

福岡国際会議場にて、ISMAR 2015が開催されました。この学会は、IEEEが主催するMR・AR分野のトップカンファレンスであり、今回の参加者は約380名。日本開催ということもあり、約半数が日本からの参加という状況でした。…続き

(2015年10月22日)

インドネシアのバリ島にてアンテナ・電磁波伝播の国際会議APCAP 2015が開催されました。本国際会議はアンテナ技術、電磁界解析技術およびその応用技術を対象としており、中国、シンガポール、日本、インド、米国、欧州などから…続き

(2015年8月5日)

フィンランドでPDP 2015が開催されました。この学会は、並列分散処理全般に関するカンファレンスであり、ビッグデータ、クラウド、ハイパフォーマンスコンピューティングなどの幅広い分野における発表がありました。日立製作所研究開発…続き

(2015年4月7日)

ACIS2014が、ベトナムのニャチャンで開催されました。ACISはアジア圏の研究者を中心とした国際会議で、情報システム全般に関するさまざまな発表が行われます。今年は、口頭発表とポスター発表を合わせて80件の技術発表が…続き

(2015年1月27日)

サーバやルータなど情報処理装置の伝送容量は1.4倍/年で増加しており、2016年には10 Tb/sに達すると予想されています。このような性能を実現するためには、計算処理をするプロセッサと主記憶メモリ間や複数のプロセッサ間を…続き

(2015年1月22日)

年別インデックス

  • ページの先頭へ