図1 開発した光バックプレーンと評価筐体