図3 本技術のコンセプト