図2 本発表の目的