図1 本研究の動機