ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

きざしを捉える

過去のデータの分析から、遠い将来を正確に予測することはできません。
将来について現在の延長で予測するのではなく、起こるかもしれないオルタナティブの未来を考えるために、人々の変化のきざしを捉え、「もしかしたら、将来、人々はこういう考え方や行動をとるようになるかもしれない」という観点をまとめています。
ここで示しているのは、将来の社会において人々がどのような問題を抱え、どのようなニーズを持っているのかを考えるときの、初めの「問い」となるものです。