ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

Don't just be smart, go beyond smart.

ビジョンデザインは、日本政府が提唱するSociety 5.0に向けて、将来の人々の生活に対して技術がどのように関係していくべきか考える活動です。
スマートな先進技術ではなかなか解決できない生活者の切実な問題や、スマートな先進技術が人々にもたらしてしまうかもしれない新たな問題について考えるための思索的なフィクションを示します。
これをもとに、ただスマートであるだけではない、スマートを超えた状態とは何かについて話し合い、今後の社会システムに求められる製品、サービス、技術についての考察を行います。

ビジョンデザインでは、2つの活動をしています。
1つは、将来に向けた変化の「きざしを捉える」活動です。世の中のさまざまな出来事をもとに、将来の人々の考え方や行動の変化の可能性について示し、新しいニーズを考えるきっかけとします。
もう1つは、変化をした「未来を描く」活動です。将来の人々が直面するかもしれない問題とその解決のアイデアを示し、求められる社会システムのあり方に関する議論をはじめます。

きざしを捉える

詳しく見る

未来を描く

詳しく見る