ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

データライフサイクル管理

DLCM:Data Lifecycle Management

インデックスを表示

用語解説

データの発生から、活用、蓄積、保管、廃棄までをライフサイクルととらえ、各ステージで最適なストレージにデータを配置、移動することによって、最適なサービスレベルを維持しながらTCOの削減を図るというデータ管理手法。こうした手法が登場した背景には、従来は紙やフィルムなどの形で保存されていたさまざまな情報が電子データとして保存・活用されるようになり、このような多種多様なデータを効率的に管理する必要が生じていることがあげられる。また、時間の経過とともにデータの利用価値が変化していくことに追随したストレージ管理が要求されている。データライフサイクル管理はこのような要求に対応し、ストレージの総保有コストの最適化を実現する。

関連用語

一つ前のページへ戻る

人気の用語

    最近追加した用語