ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

整数nに対し、整数x、yの乗算x・yを、nで割ったときの余りを「x・y mod n」と書く。このような演算を剰余乗算といい、このときのn を法という。特に、RSAHIME(R)の計算では、nは合成数、つまり、複数個の素数の積が用いられる。

一つ前のページへ戻る

人気の用語

    最近追加した用語