ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

マイクロレンズとは樹脂などで作られた微細なレンズのことで、それを大量に並べたものがマイクロレンズアレイである。最近では、ミクロン単位(1 µm=1/1000 mm)という極小のレンズを100万個単位で組み合わせたものが製品化されている。その製造プロセスは、従来の金型による製法から、インクジェットなどの印刷技術を応用したもの、半導体技術によるものまで幅広い。携帯電話の液晶ディスプレイのバックライト、液晶プロジェクターなどに活用されている。

一つ前のページへ戻る

人気の用語

    最近追加した用語