ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

圧縮空気(大気圧以上に圧縮した空気)を作成する機器のこと。エアーコンプレッサーと呼ばれることもある。空気の圧縮方法によって、スクリュー形、レシプロ形、ターボ形などに分けられる。

空気圧縮機により圧縮された空気は、塗料の吹き付けやダスト除去など、さまざまな用途で利用されている。特に、圧縮された空気が持つエネルギーを他の機器の動力源に利用するケースが多く、自動車などの製造業に加えて、土木・建築業や鉱業など幅広い業種で利用されている。

日立では、1911年に日立鉱山に納入した「100馬力空気圧縮機」以来、100年以上、空気圧縮機の開発を続けている。近年は、運転時の動作に対して解析・シミュレーションを行い、その結果を空気圧縮機の構造やモーターの制御にフィードバックすることで、高効率化や省エネルギー性能の向上を図っている。

一つ前のページへ戻る

人気の用語

    最近追加した用語