ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

人工知能を実現する手法の一つ。プログラム開発者がすべての動作を決めてコーディングする従来型のプログラムとは異なり、コンピューター自身が与えられたデータから学習し、自律的にデータの法則やパターン(特徴)を見つけ出す手法やプログラムのこと。機械学習に使用される主なアルゴリズムは、「教師あり学習」と「教師なし学習」に分類される。

機械学習を用いて、大量のデータの中に共通する法則を見出すことや、いままで人が得意としてきた作業もコンピューターに行わせることができるようになっている。その背景には、増え続けるビッグデータの存在と、ビッグデータに対して複雑な数値計算を高速に、繰り返し適用することを可能にしたコンピューター処理速度の向上がある。機械学習の適用事例として、自動運転、オンラインショッピングでのレコメンデーション機能、自然言語処理などがあり、さまざまな分野において実用化が進んでいる。近年、機械学習をさらに発展させたディープラーニングにより、人工知能は急速な成長を遂げている。

一つ前のページへ戻る

人気の用語

    最近追加した用語