ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

光の性質を利用して3次元の画像を記録・再生する光学技術。ハンガリーの物理学者であるガーボル・デーネシュによって、1947年に発明された。
この技術を使って作成される「ホログラム」は、雑誌の表紙やパッケージの意匠などに利用されているほか、複製が難しいことから、紙幣やクレジットカードの偽造防止にも利用されている。 また、ホログラフィーをデータの記録・再生に利用するための研究が現在進められており、光コンピュータやホログラフィックメモリなどへの活用が期待されている。

一つ前のページへ戻る

人気の用語

    最近追加した用語