ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

各サーバに使用できるストレージ容量を割り当てる際、実容量に依存しない容量を仮想的に割り当てる技術。実容量は、運用開始後、実際に各サーバが記憶領域を使用するタイミングで適宜割り当てられる。
この技術によって、事前に各サーバのパフォーマンスや使用見込みを考慮して、割り当て容量を綿密に見積もる必要がなくなるため、ストレージ管理者の負担を軽減できる。また、運用開始時には必要最低限の容量を用意し、不足しそうなときに適宜追加するという運用ができるため、導入コストや運用コストを削減できる。

一つ前のページへ戻る

人気の用語

    最近追加した用語