ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

複数のデータのばらつきの大きさを示す値のこと。例えば、学校のテストで全員が同じ点数を取った場合、標準偏差は0となる(ばらつきがない)。それぞれが取った点数に差があると、標準偏差は0以上の値となる。値が大きいほどばらつきが大きいことを示す。
標準偏差を求めるためには、まずデータ全体の平均値を求める。そして、各データから平均値を引いた値を2乗する。それらを合計した値をデータ数で割り、平方根を取ると求まる。

関連用語

一つ前のページへ戻る

人気の用語

    最近追加した用語