ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

1930年の初期に原理が提唱された技術。検出や捕捉すべきターゲット分子を鋳型としてポリマーを合成し、その後、ターゲット分子を除去することで、選択的にターゲットを検出・捕捉できる技術。一般的な作製方法は、溶媒と触媒の存在下で、(1)検出・捕捉したいターゲット分子そのもの、(2)ターゲット分子を認識する機能性原料、(3)それらを架橋する原料、の反応を進行させポリマーを得る。その後、(1)のターゲット分子を除去することで、ターゲット分子を選択的に認識する部位を持ったポリマーが作製できる。あたかもターゲット分子を鋳型としたポリマーであることから、分子鋳型ポリマーと呼ばれる。

一つ前のページへ戻る

人気の用語

    最近追加した用語