ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

公開鍵暗号の標準としてもっとも広く普及している暗号化/復号化技術。1978年にMIT(マサチューセッツ工科大学)に在籍していたRonald Rivest氏、Adi Shamir氏、Leonard Adleman氏という3人の研究者によって世界最初の公開鍵暗号。素因数分解の困難性という数学上の性質を利用しており、鍵長を長くすることによりセキュリティ強度を高めることが可能だが、強度を増すほどにデータ容量が大きくなるので処理負荷がかかることがデメリットとして認識されている。

*
RSAはRSA Security Inc.の登録商標です。

一つ前のページへ戻る

人気の用語

    最近追加した用語