ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

E. H. LandとJ. J. McCannが発表した色彩理論。「Retinex(レティネックス)」とは、Retina(網膜)とCortex(大脳皮質)を合わせた造語。人間の脳が色や光をどのようにとらえるのかをモデル化した理論である。
Retinex理論は、人間の目が照明光に関係なく色や明るさを感じられるとする、「色恒常性」や「明るさ恒常性」という理論が核になっている。また、Retinex理論では、映像は「物体を照らす照明光とその物体の反射率との積」で表される。
Retinex理論は、映像の画質改善などの技術に適用されている。

一つ前のページへ戻る

人気の用語

    最近追加した用語