ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インデックスを表示

用語解説

システムがデータに対してどのような処理をするか、機能ごとにマトリクス形式で示したもの。データベース管理システム(DBMS:database management system)でデータを操作する際の操作種別である、Create(作成)、Read(参照)、Update(更新)、およびDelete(削除)で示す。これらの頭文字を取ってCRUD図と呼ぶ。

例えば、「商品名変更機能」を使って、データベースに登録されている「商品名」というデータを変更する場合、機能を行、データを列に据えたCRUD図では、「商品名変更機能」(行)と「商品名」(列)が交差する部分が「Update(更新)」となる。

システムの設計工程でCRUD図を使用すると、機能の不足、データベースの検討漏れ、処理の集中などがないか検証できる。

一つ前のページへ戻る

人気の用語

    最近追加した用語