ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

再生医療

治療困難な疾患の根治のために

従来の医薬品などでは治療困難な疾患を根治する革新的医療として、再生医療への期待が高まっています。再生医療を普及させるためには、医療目的に合う高品質な細胞を低コストで量産する製造技術の開発が重要であり、日立では、再生医療向けの閉鎖系自動培養装置の研究を進めています。

日立が開発した装置は、外部環境からの菌などの混入を回避する完全閉鎖系の培養容器・流路を備えています。閉鎖系流路においては、複数の培養容器による並列培養を可能とする高精度の送液・送気機構が優位技術となり、患者間交叉汚染を回避するために、培養容器・流路をモジュール化し単回使用方式としています。大学と連携して細胞シート自動培養装置を開発し、ヒト口腔粘膜上皮細胞シートを培養した結果、手作業と同等の品質を有する再生組織の製造が可能であることが実証できました。今後はさらに、本技術をヒト多能性幹細胞(iPS細胞)応用再生医療へ展開するため、大学や製薬企業とのオープンイノベーションを推進していきます。

本研究開発の一部は、以下の国家プロジェクトのサポートを得ています。
・文部科学省による「先端融合領域イノベーション創出拠点形成」
・内閣府による「最先端研究開発支援プログラム」
・国立研究開発法人日本医療研究開発機構による「再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業」

紹介記事

  • ページの先頭へ

類似キーワードコンテンツ

  • ページの先頭へ