ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

Hitachi Virtual Storage Platformの写真

「Hitachi Virtual Storage Platform」は、企業の基幹システムやデータセンタなど幅広いシステムで利用できる高い処理能力や拡張性、信頼性を持つエンタープライズディスクアレイシステムです。

近年、企業では、業務サービス拡大に伴い、取り扱うデータ量が年々増加する傾向にあります。と同時に、ストレージシステムの運用管理コストも増大し、複雑化するシステムの運用負担も重くなってきています。そのような中、低コストで効率のよいIT運用を実現したいと願うお客さまの声に応えるのが、「Hitachi Virtual Storage Platform」です。

黒とモスグリーンのツートーンで構成された立体感ある外観は、このストレージ独特の存在感を醸し出しています。そこには、進化した機能を視覚的にも訴えようとするデザイナーの思いが込められています。

本製品のデザインで最大の特長である、筐体前面に連なる陰影のある連続面は機器の拡張性の高さを表現するとともに、見る角度によって単一色が複数色に見える効果により仮想化のイメージも表現しています。連続面の奥にあるモスグリーン色のパンチングメタル(*1)はグリーンITを表現しており、十分な開口を確保しているため機器内部の効率的な冷却を可能にしています。さらに、機器が複数台並んだ際のデータセンタ内の壁面の美しさも考慮したデザインで設計されています。

この度「Hitachi Virtual Storage Platform」は、次世代をリードする日立のエンタープライズストレージ技術と美しく機能的なデザインを高く評価され、iF product design award 2011を受賞しました。

(*1)
パンチングメタル:金属等の板をパンチングプレスの金型で穴を開けて加工した板
  • 顧客協創
  • 技術改新
  • 基礎探索
製品・サービス
    技術

      類似キーワードコンテンツ